トップ 厚木マーカスとまたスコアレスドロー

浦安から神奈川県綾瀬市まではどの経路を使っても渋滞に巻き込まれ、サポーターの一部が前半戦を見る事が出来ない事態に。GWとはいえ、千葉県内だけで闘っていた昨年との違いをサポーターも身を以て感じた次第でした。

試合結果はスコアレスドロー。お互いに決め手に欠ける内容だった。それぞれがゴールのバーに当てるという惜しい一面があったものの、文字通り一進一退。

後半からは村上翔と長谷川太郎を次々に投入するも、結局ゴールに至らず。
2つほど光明は見えた。一つは太郎が試合に復帰出来た事。試合勘が戻っていないためかゴール前で惜しいタイミングはあったものの、やはり良いところにポジションを取っている。

2つめは前試合から感じていたことだがトミーの調子が上向いてきた事。右サイドでボールを受け取ると、緩急をつけてドリブルでゴール前まで突破をすることが多くなった。体幹も強くなったようで、相手が強い当たりをしてきても動じない。

Jsc2012039

そうなるとあとはトミーや清水の配給するボールをFWがタイミングよくどうやってゴールに叩き込むかということになる。

またまた冷静に考えると前半戦の関東リーグ定着チームとの試合はすべて終わった。前節の引き分けもトップにいる東京23FCが相手。いわいる上位対決をすべて終わらせたのが浦安SC。前節後半戦はいよいよ地力が試されるし全勝を期待される。

次節はホームゲーム。しかも市原臨海競技場である。最近ここでは重要な試合で勝利を続けている。かわいいサポーター達のためにも爆発して欲しい。

Jsc2012040

| | コメント (4)

トップ 東京23FCとスコアレスドロー

Jsc2012034

現在関東リーグ2部を全勝でダントツトップの東京23FCをホームで迎え撃つ本日の試合。これまで勝ちに恵まれていないだけに気合いの入った試合となった。

一方の東京23FCは公式戦で唯一負けた相手との試合とのことで、こちらもいつも以上に力のこもった様子が見て取れた。

その結果、お互いに失点をしないという、これまでにないレベルの高い試合となり、見応え十分な内容だった。

Jsc2012035

(写真は左サイドバックの山崎紘吉選手)

浦安SCは序盤から前線に攻め上がり、ボールを押し上げる。しかし東京23FCはフィジカルでボールを奪い返し、スピードある攻め上がりで反撃。

全体的にはシュート数はほぼ互角で、惜しい場面もそれぞれ3、4回あった。お互い得点に結びつかなかったものの、観客には見応えがあったことは間違いない。

浦安SCは勝ちにこだわったために、とにかく前に前にと上がった。その結果、相手チームのカウンターで2、3回ほど絶体絶命のピンチを誘ってしまった。

しかし浦安SCの惜しいシュートはむしろボールを素早くつないで相手を崩しながら。ボールはきわどくゴールを外したが、怪我で出場が出来ていない「太郎ならゴールに突き刺しただろう」と試合後サポーターが悔しがっていた。

Jsc2012036

今日はホームゲームでちびっ子ボランティアもボールボーイとして大活躍。それだけに勝ちたい試合だった。

しかし冷静に見るとホームゲームは負けていない。そして試合内容が充実していたため、チーム力は確実に戻ってきている。時節以降がとても楽しみになった。

本日はたくさんのボランティアに支えられました。改めて御礼申し上げます。

| | コメント (0)

追いつきながらも惜敗 対 猛蹴

Jsc2012029

4月22日(日) 浦安SC 対 猛蹴(神奈川)の試合が保土ヶ谷公園サッカー場で行われた。ここまで2節で勝ちを拾えず、そろそろ本来の浦安の動きがもどり、強いサッカーが見られると期待しての応援だった。

しかし前半30分に相手に先制をされ、後半追いつくも、終了間際に失点。2敗目を喫した。

何が悪いのかは選手達もわからないと思う。私はゴルフをするのだけど、新しいクラブを買って、すごく練習をして、いざコースに出たらボロボロ、というもはお定まりの出来事。

浦安SCもすごく練習をして、チームの連携も良く、練習試合ではその力が発揮出来ているにもかかわらず、公式な試合になると「あれ、あれ」と。練習の成果が出ない。

いうまでもなく、選手の補強がうまく行き、素晴らしい選手達が加入した。それぞれ経験もあり、実績も残している。だからこそ彼らが浦安SCの持つ、他とは違うサッカースタイルになじんで力を出すにはまだ少し時間がかかるのかもしれない。

残念ながら前半は相手チームのペース。1失点をしたが、他にも2、3回、ゴールが決まってもよい状況を作られた。一方、浦安SCの惜しいと思われるシュートは1本あったかどうか。

3試合とも関東リーグを維持しているチームとの試合で、千葉県リーグよりもスピードや強さがある。(もちろん千葉県リーグも上位チームは強い)

そんな中、ペースがつかめない。

後半は浦安SCが攻める場面が増えた。前半はあまり見られなかったサイドからの押し上げがだんだんと出て来る。

動画を見ていただくとその感じがわかる。最後は清水選手のボールに田中選手がヘッドで合わせた。

1点を返して振り出しに戻すと、固さがとれてきて何度も惜しいシュートを打つようになる。しかし無情にもボールはゴールポストをぎりぎりはずれたり、得点にならない。

後半は新規加入の蓮池(元ジェフリザーブス)や藤崎(ザスパ草津U-23)を相次いで投入。どんどんと攻めの姿勢が出て来る。

しかし前のめりになるその間隙をついてスピードで負けて失点。猛蹴の2得点は持ち上がった選手がGKを引き出し、スルリと上がってきたノーマークの選手にパスを出し蹴り込む、という形。あきらかに裏を取られている。

次回はホームゲーム。ブレイクを期待したい。

<追加>

Jsc2012030

今日は試合会場に「MITSUKI」「みつき」と書いたはちまきをつけて応援してくれていたかわいい女の子が3名いました。市原選手がボールを持つと「みつきぃ〜!」と大きな声。応援ありがとうございます。今日は市原選手の写真を載せます。

| | コメント (1)

関東リーグ2節 トップ対日立ビルシステム

Jsc2012013

春とは思えない寒さ(気温9度)と風雨という、はじめてのホームゲームとしてはチャレンジングな環境だった。ごらんのようにカメラのレンズにも水滴が出来るほど。

Jsc2012015

写真は村上選手が水しぶきをあげてボールへの執着心を見せる見事なシーン。

前半の15分に田中選手が先制ゴール。(これが関東リーグ初ゴール)

Jsc2012016

その余韻がさめやらぬうちにセットプレイからディフェンダーの佐藤選手がヘディングを決める。

Jsc2012021

Jsc2012017

試合はこのまま有利に進み、大きな点差が付く事が予感される立ち上がりだった。

しかし関東リーグはそんなに甘くない。すぐに日立ビルシステムに1点を返され、前半終了時には2−2と同点となってしまった。

コンディションの悪さはお互いさま。前節と同じく、ボールがつながらない。相手チームのボール際の早さに思わずファールを重ねてしまう。

後半になり、更に相手にセットプレイから1点を献上をし2−3となる。そしてロスタイム4分の表示がなされ、このまま試合は2連敗かと思われた。

あとがない浦安はロスタイムでボールを前に集める。そしてペナルティーエリアでボールを得た清水選手が放ったシュート。

Jsc2012018

正確にGKをすり抜けて見事にゴール!

Jsc2012019

Jsc2012020

残り30秒、相手側にゴール前でのセットプレイを献上してしまう。しかしこれをなんとか守り切り試合終了。だてに天皇杯予選で千葉県を制覇したわけじゃない。最後に粘り強さを見せてくれた。

しかしまだ勝利は手にしていない。どこかちぐはぐな今年度の浦安SC。関東リーグの雰囲気に早く慣れて本来の力を発揮して欲しい。

この日は初めてのホームゲーム。130分前に集合した多数のボランティアに参加いただき、雨天のなかびしょぬれになりながら試合の運営を行った。

Jsc2012022

ボールボーイは中学生達。彼らは午前中に同じ会場で行われた千葉県クラブユース選手権をみごと5−0で勝利している。試合に出場し、さらにこの悪天候の中、本当によく協力をしてくれた。

ボランティアの皆様に感謝いたします。皆様のためにも1日も早くスキッとした勝利をください。

最後に浦安SCらしいエピソード。雨の中応援に来てくれた浦安JSCの小学生達。クラブハウスの入り口に整列して、浦安SCの選手のみならず日立ビルシステムの黄色いユニフォームの選手が戻って来ると一人一人を拍手で迎えた。日立ビルシステムの選手達がロッカールームで「俺たち拍手もらちゃったよ」と話していたのが聞こえた。

とても素晴らしいマナーだと思う。これからもこんなチームであり続けたい。

| | コメント (2)

関東リーグ 苦い敗戦出発

Jsc2012012

いよいよやってきた関東リーグ初戦。対戦相手は東京海上日動。関東リーグ定着をしているチームとの対戦でしかもアウェイでの開催。

この試合は何かがおかしかった。序盤から攻め込まれ、高いボールも取れず制空権は譲った形。ボールがおさまらない。更に芝でスリップ。

浦安SCのパスサッカーは完全に相手チームの早さと意地にしてやられた格好。東京海上日動の「ホームでは絶対に勝つ!」という意地が90分ずっと伝わり続けた。

よくよく観察してみると、相手チームは戦術を研究している様子。パスでつなごうとする浦安に対して、素早くパスコースを消す。浦安がボールを持つと足下からあたりかまわず奪いに来る。序盤からこの調子に飲み込まれ、守りからじっくりとサイドに組み立てる得意のサッカーを一度もやらせてもらえず、90分ずっと浮き足立った状態。

これが開幕戦の怖さであり、上位リーグのアウェイの怖さだ。

後半10分までに0−3と完全に押し込まれ、1点を返したものの、これもコーナーキックが風にあおられて入った格好。

一度たりともワクワクするサッカーをさせてもらえなかった。

落ち着いて試合を組み立て、相手の様子を見ながら一気にたたみかけるサッカーを見せて欲しかった。

さぁ次はホームゲームだ。次の試合も関東リーグ定着のチーム。千葉県優勝の力を見せて欲しい。

| | コメント (0)

2012年天皇杯千葉県予選決勝&県サッカー選手権大会

千葉県サッカー選手権大会 兼 天皇杯予選千葉県社会人決勝戦 が2012年3月18日に市原臨海競技場で行われました。

浦安JSC 対 FC千葉なのはな の試合は2−0で浦安JSCの勝利&優勝で今年の最初のタイトルを取る事が出来ました。

トップチームは「浦安JSC」で戦う最後の試合となり、この大会で優勝を飾る事ができたことは歴史に残す意義が高かったと思います。応援に駆けつけていただいた皆様、ありがとうございました。

Naa_0777

(クリックで拡大)

この大会は予選を圧倒的な強さで勝ち上がり、決勝トーナメントでは船橋FCに5−0、市原VONDSに2−1と勝利し、同じく勝ち上がったFC千葉なのはなとの決勝となりました。

選手達は浦安JSCとしての最後の試合ということもあり、モチベーションはとても高い。

Naa_0653

試合は小雨の中で、芝が少しスリッピーな状態でした。監督からいつも通り「立ち上がりが一番重要だ。思いっきり行け!」と激を飛ばされ、その通り開始のホイッスルが鳴ってすぐにゴールに迫ります。

新規加入のFW田中俊哉(背番号9)が前線でのターゲットになり、高いボールはほとんどものにします。高さで起点になり、サイドからのセンタリングでも競り勝つ強さ。船橋戦で頭を3針も縫う怪我をしたとは思えない力強さを出しました。

Jsc2012005

(相手GKと競り合う田中)

相手のオフサイドでボールがゴールに飛び込むということが1度ありましたが、それ以外は固い守りと前線から中盤での強い守備の意識で、相手の攻撃でヒヤリとする場面はほとんどありません。

しかし浦安JSCもゴール前にボールを持ち込み、何度もシュートを試みますがゴールネットを揺らすに至らず。前半は0−0で終わりました。試合の様子では負けるということが全く思われない良い出来だったので、後半のどこかで得点はするだろう、というサポーターのなごんだ雰囲気でのハーフタイム。

Jsc2012006

浦安JSCとここで掲示されるのも最後なんだなぁ、と増田GMと感慨深げに眺めていたのです。

後半開始15分、田中が見事にゴールを決めます。

Jsc2012007

Jsc2012008

Jsc2012009

サイドからのハイボールにうまく合わせました。

そして35分には田中と清水の大学先輩後輩で掛け合いで美しいゴールシーン。

 


応援をしている中学生が思わず「カッコいい!」「やばい、上手い」と話していますね。

最後まで危なげない展開で終始安定した守備で無失点で試合を終えました。

Jsc2012010

終わって写真撮影をしていると、応援に来られていた都並さんもグランドまで激励に来られました。

Jsc2012011

優勝はいつも心地よい余韻を残してくれます。
さぁ、4月から浦安サッカークラブ(浦安SC)として再出発です。
これまで以上に応援よろしくお願いします。

| | コメント (0)

横浜FCと練習試合

1月29日に横浜FCとの練習試合が行われました。
横浜FCは齋藤監督が2008年にコーチをやっていた、いわば古巣です。この1年間で大きな飛躍をした浦安JSCと、かつてコーチをしたプロ選手達の練習試合ということで、試合開始前から温かい雰囲気ながら緊張感が漂います。
2008年にも練習試合をやらせていただいていますが、その時には出場しなかった三浦知良選手も出場。
浦安JSCの選手は公式戦さながらの厳しいアップでキックオフに備えました。

Jsc2012002

(写真はカズ選手とキャプテン都並智也)

齋藤監督によると、横浜FCもほぼレギュラーの布陣とのこと。浦安JSCは新規加入選手も加え、若干の故障による欠場を除くとベストメンバーで臨んだ。

厳しいアップのおかげか、立ち上がりから攻め立てる浦安。立ち上がりはほぼ互角のペースでボールが動いた。
新規加入のFW田中がスピードと高さを活かしてボールにからむ。こぼれたボールは長谷川太郎がドリブルで相手ペナルティーエリアに侵入。

Jsc2012003

(ハイボールでプロ選手達に負けないFW田中選手)

中盤では市原が運動量と強さでボールを奪い、サイドからスピードで上がる新規加入に左サイドバック山崎が前に押し上げる。
そして清水康也にボールが渡ると、必ずシュートできるエリアにボールが渡る。
プロ選手達を相手にまったくひるまず押し上げていた。

Jsc2012004

(豊富な運動量でかく乱する左サイドバック山崎選手)

横浜FCは背番号10番の大久保選手、試合中は「ジャンボ」と呼ばれていたが、190センチに長身、にボールが集められフィニッシュを狙う。しかし齋藤監督の指示で相手のボールが中盤に来ないように、ボランチの選手で真ん中を固めている。
そこでサイドから攻め上がられると豊田のスピードとフィジカルでボールを上げさせない。
それでも相手はプロ選手達。ボールを奪うとドンドン展開してくる。好調な永井選手のボールセービングでゴールは割らせない。

後半は横浜FCが攻め上がる展開になった。
齋藤監督がハーフタイムに「相手はプロだから少しでも隙があると必ずゴールまで突破してくる」と話していた通りに。

しかしGK永井やセンターバックの佐藤、新規加入の西郡(にしごおり)選手で守り切った。
結果は0−0の引き分け。

今回は45本を3本行ったが、最初の2本が公式戦を想定したレギュラーメンバーで、この2本は途中出場も含めて以下の新規加入選手が出場した。

FW 田中俊哉
FW 村上翔
DF 西郡巧
DF 山崎紘吉
MF 加藤忠章

他にも期待の高い新規加入選手や昇格選手がおり、また順次紹介していきたい。

| | コメント (1)

振り返り:東京23FC

優勝が決まってこの大会を振り返った時にまず思い出すのが東京23FCとの激闘だ。
斎藤監督は試合ごとに「この試合が一番大事だ」と選手にハッパをかけていた。初戦も決勝戦も決まって同じ。
東京23FCが全国社会人サッカー大会で優勝をし、この関東社会人サッカー大会でも優勝候補の一つとして注目されていることは知っている。サポーターの本音も最大のライバルは東京23FCだと思っていた。監督もスタッフも選手も、本音ではそうだったろう。
しかし、どの試合も大事だし勝利をしなくてはならない。そういう意味で1試合1試合に集中することが一番重要だ。
しかしだ、やはり振り返るとこの試合の勝利が優勝を決めた大きな要因であったことは間違いない。

個人個人の力を比較すると東京23FCは確かに素晴らしい選手をそろえている。更に攻撃力は破壊的と言っても良いほど脅威だ。
しかしサッカーは団体戦。チーム力が最後の結果を決める。
抽象的に言うなれば「攻撃力の東京23FC対守備力の浦安JSC」「個人力の東京23FC対組織力の浦安JSC」という構図だ。

サポーターも2戦目で東京23FCと対戦する、という組み合わせが決まってからというもの、ずっと緊張の連続だった。前日も寝苦しい夜を過ごした。この試合に勝たないとベスト4(関東リーグ昇格)になれない。負けたチームは昇格の可能性がほぼなくなる。
しかしそんなことはおかまいなしにキックオフの時間はやってきた。

立ち上がりは互角。攻守はめまぐるしく入れ替わり、ボールはピッチを前後左右に動き回る。個人技のある東京23FCはボールを奪うと強靭な力でゴール前に突破をはかる。
しかし斎藤監督に鍛え上げられた守備力が遺憾なく発揮され、ゴールマウスを開ける事はない。

端から見ると東京23FC優位に思えたろう。なぜかというと、攻撃力対守備力だから、攻撃力のあるチームが「攻めている」ように見えるのだ。しかし見る人が見ると互角。
実は浦安JSCの選手とコーチ陣は研究をして知っていた。攻めの強いこのチームは逆に攻められることに慣れていない。だからしっかりと守り、速攻で攻め上がるチャンスをじっくりと待っていたのだ。

そしてそのチャンスは意外と早くやってきた。前半14分、ボールを奪うと速攻に転じる。相手陣営でボールを受けた清水選手は(たぶん事前の作戦通り)ドリブルで思いっきりペナルティーエリアに侵入して行った。これまでパスサッカーをやっていた浦安JSCの意表を突く攻撃に驚く東京23FCの守備陣は思わずペナルティーエリアでファールを犯してしまう。

東京23FCのアマラオ監督は「シミュレーションだと思った」と語ったらしいが、そんなことは断じてない。なぜかというと、倒された清水はいつもの通り「このやろう!」とばかりボールを離さず立ち上がってゴールに向かおうとしたから。主審はそれを冷静に見ていたのでPKの判定を出しやすかったと思う。

さて東京23FCのGKは斯波選手。昨年1年間浦安JSCの仲間として千葉県リーグを戦った。それは斯波選手を悩ませたと思う。つまり、斯波選手は浦安JSCの選手達が「自分のことをよく知っている」と感じていたはずなのだ。攻めている時には「俺はあいつらをよく知っている」と思えるだろうが、逆にPKを受ける立場になると相手の立場になって考えてしまう。
つまり「俺がキッカーでGKを知っていたらどっちに蹴るか」と本能的に感じて左に飛んだ。
そんな斯波選手をあざ笑うかのように、清水選手のボールはGKの右に放たれた。
(以上はサポーターの勝手な推測です。)

Jsc2011a24

前半はこの1点のみ。

後半も堅実な守りを見せる浦安JSCに手を焼く東京23FCという流れ。残念ながら中盤でのボール奪取は東京23FCの方が上回っていた。これは浦安JSCの課題でもある。

そんな後半は27分、攻めていた時にボールを奪われ逆に速攻を仕掛けられる。短時間で「パンパンパン」と短いパス交換をしながらあっという間にペナルティーエリアに侵入され、最後は見事な個人技でシュートを打たれ失点。サポーターも相手ながらあまりの上手さにあっけに取られた次第。

しかし浦安JSCは慌てない。いつものようにサッカーをやるだけ。これは千葉県リーグで何度も修羅場を経験した強みだ。ちょっと脱線するが、今年の千葉県リーグがレベルが高かった。1試合でも落とすと優勝の望みが少なくなる、というプレッシャーに苛まれた。
対戦相手も浦安JSCと当たる時には入念な準備をして最大限のパワーを発揮してくれたと思う。特に国際武道大学、順天堂大学、JSC千葉、FC千葉なのはな、レーベンプロ、千葉教員。これらのチームとの試合は僅差。(順天堂大学には惜敗、千葉教員には最後5分で追いつかれる)

リーグの結果はダントツ優勝には違いないが、力の拮抗したチームが切磋琢磨したことがチームの経験につながったと思う。

さて、残り15分と少し。サポーターはハラハラ見ていたが選手は冷静にチャンスをうかがっていた。

残り10分。左サイドでボールを受けた長谷川太郎がドリブルでゴール前に走り込む。

Jsc2011a25

シュートすると思わせて右サイドゴール前で待っていたトミーに柔らかいボールを上げる。

Jsc2011a26

トミーもシュートすると見せかけて、実は冷静に走り込んできた清水を捉えてGKの背後に絶妙なボールをヘディングで落とす。

Jsc2011a27_2

清水は相手に囲まれながらもまっすぐに頭をボールに当てて奇麗なゴール!

Jsc2011a28

これこそ狙っていたシナリオだ。

あとは鉄壁の守備を10分間貫くだけ。時間がなくなると東京23FCはロングボールをドンドンゴール前に蹴り込んで来る。体を張った鉄壁の守備はこれをことごとく跳ね返す。単調な展開となるともはやゴールネットは揺れない。そして終了のホイッスル。

思わず涙が出た。この3年間の苦労がいかほどのものだったか。選手とスタッフが県リーグ突破にどれだけ苦しんだか。過去2年は勝ち点1、2差で涙を飲んだ。一時は夢と化してしまうのかとあきらめかけた。しかし選手はあきらめなかった。そんな3年間を思い出すと体が震えて仕方なかった。カメラを構えてシャッターを切らないと涙が止められなかった。

ようやく関東リーグに昇格できたのだ。選手一人一人全員と抱き合った。選手の汗にまみれたユニフォームを感じた。

Jsc2011a29

サポーター全員にこみ上げてくるものがあった。この勝利はサポーターの執念だ。

ブログ「おしあげろ!」にも試合の様子が書かれているが、分かる人が見るとこの試合、浦安JSCが良いサッカーをやっていたことを理解してもらえたと思う。

勝った方も破れた方も決勝戦がごとくのようだった。

県リーグでも、天皇杯予選でも激闘はあったが、選手のみならず、サポーターも、この試合ほどお互いが力を出し切った試合はなかった。それだけ見応えがあったと思う。

サッカーは力が拮抗すればするほど面白い。

| | コメント (1)

関東大会優勝!

Jsc2011a16

優勝候補と期待されて優勝するのは並大抵の事ではない。今年度最終戦のこの日が終わってみたら公式戦の負けは2試合だけ。天皇杯千葉県の決勝と県リーグの1試合のみ。関東大会は2−0、2−1、6−0、3−0とほぼ鉄壁の守備。

サッカーで連日の試合は過酷だ。県リーグが終わり、このチームは毎週、土日を練習試合で過ごした。2日間連続の試合に慣れるため。その効果はきちんと関東大会で現れた。

試合開始。ボールはつながるものの、ゴールが決まらない。パイオニア川越工場サッカー部(以下パイオニア川越)も2日目ながら動きが良い。昨日のように簡単には崩せなかった。

しかし37分。ゴール前でトミーからつないだボールを大久保翔が蹴り込み先制。

Jsc2011a17

これで決勝戦の緊張がとけたのか、エンジンがかかったのか、40分、大きくゴール前にフィードされたボールを、飛び出した清水康也が見事なボレーシュートを決める。

Jsc2011a18

前半を2−0で折り返した。

後半は一進一退といった試合展開。

なんと言っても永井の安定したゴールセービングが光った。

Jsc2011a19

守護神がしっかりと仕事をすると前線も仕事がしやすい。

後半も半分が過ぎたところで清水康也にボールが渡ると何かが起こる。これは本当に起こるのだ。

ゴール前で清水が相手を弄ぶがごとく逆をとりながら大久保に的確なパス。大久保が一旦相手の動きを見て清水に返す。このシュートをディフェンダーが弾いたところでつめていた長谷川が突き刺した。

この大会は斎藤芳行監督の劇場だった。新チーム結成後、天皇杯、県リーグと斎藤イズムを選手にしみ込ませた。フォワードが前線で献身的な守りをしながら、奪ったボールをスピードアップして左右に振りながらゴールに迫る。そしてディフェンダーの体を張った分厚い守り。どんなにプレッシャーを受けても絶対にゴールを割らせないという強い意志。

そして週4日間の徹底した走り込み。この走り込んだという自信が後半に活かされる。選手は練習がきつ過ぎるので、試合できついとは思わないのだ。最後の瞬間まで走り、そのスピードが落ちる事はない。

この斎藤イズムは控えの選手まで徹底して鍛え込まれている。4日間の大会で当然欠場者が出て来る。事実準決勝では都並キャプテンを含む通常スタメンの3名が欠場。決勝でも2名が欠場しているが、サポーターにそれを気づかせないくらい全く同じサッカーを出来るのだ。選手達はこのグランドという劇場で、それぞれの役目を見事に果たす。

そしてつかんだ優勝と関東リーグへの昇格。

Jsc2011a21

浦安は震災で大変な被害を受けた。3月11日以降、選手達は浦安市での練習は一度も出来なかった。都内の施設を点々とし、週末は公式戦と練習試合で鍛えられた。このつらい状況がむしろ選手達を発奮させた。負けられない。浦安は立ち上がる。そんな思いがいつも伝わってきた。

県リーグでの1点差の勝利。関東大会2試合目の東京23との白熱した試合。どんなに危機が迫っていても、慌てず自分たちのサッカーを貫き、そして粘った。大差の勝利もあったが、この僅差の勝利にこそ価値がある。

毎試合、浦安市サッカー協会が震災後に作成したステッカーを張って試合にのぞんだ。この気持ちを届けてくれた浦安を誇りに思う。

Jsc2011a20

<次は佐々木竜太選手の引退>

続きを読む "関東大会優勝!"

| | コメント (2)

関東大会準決勝

関東社会人サッカー大会の準決勝の相手は三菱養和SCだ。前試合を8-1で勝ちあがった東京都代表。

この日は怪我と累積で主力3名が出場をしていない(都並、市原、佐藤)が、選手層が厚いとつくづく思う。なぜかというと、その3名の穴を埋めたのは元キャプテン伊福、渡辺卓、そして佐々木竜太。もの3名ともレギュラーでもおかしくない。

この試合がどのような結果になるかは、すでに試合前のアップの段階で読めていた(と思う)。というのも、アップの気迫が違っていた。相手チームは和やかな雰囲気だったのに対して、浦安JSCはすでに戦闘モードで本気のアップ。本番さながらのミニゲームをこなしていた。

その違いはキックオフ直後に出た。開始約20秒で一気に攻めた浦安JSCは長谷川太郎のゴールで先制。その後完全に試合のコントロールを握った。

Dsc_9975

10分に渡辺卓、15分に再び長谷川太郎と得点を重ねた。

Dsc_9984

前半のボール支配率は60-70%はあっただろうか。奪われてもしつこくすぐにボールを取り返し、左右に振りながらゴールに迫る、という展開。
相手チームのシュートはわずか1本という分厚い守りでほとんど隙を与えない。ゴール前では佐々木、水口が体を張っていた。特に低めのボールも頭からダイビングをしてクリアする姿は「命を賭けた」姿に応援団は感動をしていた。

後半開始ではハーフタイムで気分を変えた三菱養和がボールのコントロールを前半よりも高く保ち始める。
ここではGK永井の完璧なセーブが威力を発する。平日練習で徹底的に鍛え上げられた永井の本当の力を発揮するチャンスは、分厚い守りを実行してきたこの大会ではほとんどなかった。この日は2,3度シュートを打たれたが、瞬時の対応でボールをキャッチして完全に防いだ。見事だった。

後半25分に長谷川太郎の見事なシュートがゴールバーに当たり、その跳ね返りをトミーが確実にゴールに押し込む。
33分には長谷川太郎が今度はきちんとゴールに打ち込む。これでハットトリック。

後半も残り10分を過ぎても浦安JSCのスピードは止まらない。左右から中央から相手をかく乱しながらボールを回す。そして鋭いセンタリング。
思わずゴール前で相手チームのオウンゴールを誘って本日6点目。

FWは塚本、野間田を相次いで投入してスピードを上げた。
そしてサイドバックの小川を投入。小川はこの大会初出場。

今期限りで引退する佐々木竜太の集中力はこれまでになく高かった。明日は彼の選手生活すべてをかけた試合になるだろう。

Dsc_9981

| | コメント (0)

より以前の記事一覧