« 関東リーグ 苦い敗戦出発 | トップページ | 追いつきながらも惜敗 対 猛蹴 »

関東リーグ2節 トップ対日立ビルシステム

Jsc2012013

春とは思えない寒さ(気温9度)と風雨という、はじめてのホームゲームとしてはチャレンジングな環境だった。ごらんのようにカメラのレンズにも水滴が出来るほど。

Jsc2012015

写真は村上選手が水しぶきをあげてボールへの執着心を見せる見事なシーン。

前半の15分に田中選手が先制ゴール。(これが関東リーグ初ゴール)

Jsc2012016

その余韻がさめやらぬうちにセットプレイからディフェンダーの佐藤選手がヘディングを決める。

Jsc2012021

Jsc2012017

試合はこのまま有利に進み、大きな点差が付く事が予感される立ち上がりだった。

しかし関東リーグはそんなに甘くない。すぐに日立ビルシステムに1点を返され、前半終了時には2−2と同点となってしまった。

コンディションの悪さはお互いさま。前節と同じく、ボールがつながらない。相手チームのボール際の早さに思わずファールを重ねてしまう。

後半になり、更に相手にセットプレイから1点を献上をし2−3となる。そしてロスタイム4分の表示がなされ、このまま試合は2連敗かと思われた。

あとがない浦安はロスタイムでボールを前に集める。そしてペナルティーエリアでボールを得た清水選手が放ったシュート。

Jsc2012018

正確にGKをすり抜けて見事にゴール!

Jsc2012019

Jsc2012020

残り30秒、相手側にゴール前でのセットプレイを献上してしまう。しかしこれをなんとか守り切り試合終了。だてに天皇杯予選で千葉県を制覇したわけじゃない。最後に粘り強さを見せてくれた。

しかしまだ勝利は手にしていない。どこかちぐはぐな今年度の浦安SC。関東リーグの雰囲気に早く慣れて本来の力を発揮して欲しい。

この日は初めてのホームゲーム。130分前に集合した多数のボランティアに参加いただき、雨天のなかびしょぬれになりながら試合の運営を行った。

Jsc2012022

ボールボーイは中学生達。彼らは午前中に同じ会場で行われた千葉県クラブユース選手権をみごと5−0で勝利している。試合に出場し、さらにこの悪天候の中、本当によく協力をしてくれた。

ボランティアの皆様に感謝いたします。皆様のためにも1日も早くスキッとした勝利をください。

最後に浦安SCらしいエピソード。雨の中応援に来てくれた浦安JSCの小学生達。クラブハウスの入り口に整列して、浦安SCの選手のみならず日立ビルシステムの黄色いユニフォームの選手が戻って来ると一人一人を拍手で迎えた。日立ビルシステムの選手達がロッカールームで「俺たち拍手もらちゃったよ」と話していたのが聞こえた。

とても素晴らしいマナーだと思う。これからもこんなチームであり続けたい。

|

« 関東リーグ 苦い敗戦出発 | トップページ | 追いつきながらも惜敗 対 猛蹴 »

コメント

昨年6月に初めて試合を見に行った時、
スタジアムに入って行く選手の方が全員
「こんにちは。」と挨拶をしてくださいました。
私がどっちの応援で来ているのかも分からないのに、
すごいなと感動しました。

小学生からトップチームまで、そう言う姿勢は持ち続けて欲しいですね。

昨日は雨で写真が撮れなかったので、
ブログの更新嬉しいです。
これからも、更新楽しみにしています。

投稿: 水色のクリームソーダ | 2012年4月15日 (日) 19時53分

応援ありがとうございます。これからもスタジアムにぜひ足を運んでください。関東リーグの選手はどのチームも礼儀正しくて素晴らしいと思います。

投稿: | 2012年4月29日 (日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関東リーグ 苦い敗戦出発 | トップページ | 追いつきながらも惜敗 対 猛蹴 »