« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

トップ 東京23FCとスコアレスドロー

Jsc2012034

現在関東リーグ2部を全勝でダントツトップの東京23FCをホームで迎え撃つ本日の試合。これまで勝ちに恵まれていないだけに気合いの入った試合となった。

一方の東京23FCは公式戦で唯一負けた相手との試合とのことで、こちらもいつも以上に力のこもった様子が見て取れた。

その結果、お互いに失点をしないという、これまでにないレベルの高い試合となり、見応え十分な内容だった。

Jsc2012035

(写真は左サイドバックの山崎紘吉選手)

浦安SCは序盤から前線に攻め上がり、ボールを押し上げる。しかし東京23FCはフィジカルでボールを奪い返し、スピードある攻め上がりで反撃。

全体的にはシュート数はほぼ互角で、惜しい場面もそれぞれ3、4回あった。お互い得点に結びつかなかったものの、観客には見応えがあったことは間違いない。

浦安SCは勝ちにこだわったために、とにかく前に前にと上がった。その結果、相手チームのカウンターで2、3回ほど絶体絶命のピンチを誘ってしまった。

しかし浦安SCの惜しいシュートはむしろボールを素早くつないで相手を崩しながら。ボールはきわどくゴールを外したが、怪我で出場が出来ていない「太郎ならゴールに突き刺しただろう」と試合後サポーターが悔しがっていた。

Jsc2012036

今日はホームゲームでちびっ子ボランティアもボールボーイとして大活躍。それだけに勝ちたい試合だった。

しかし冷静に見るとホームゲームは負けていない。そして試合内容が充実していたため、チーム力は確実に戻ってきている。時節以降がとても楽しみになった。

本日はたくさんのボランティアに支えられました。改めて御礼申し上げます。

| | コメント (0)

追いつきながらも惜敗 対 猛蹴

Jsc2012029

4月22日(日) 浦安SC 対 猛蹴(神奈川)の試合が保土ヶ谷公園サッカー場で行われた。ここまで2節で勝ちを拾えず、そろそろ本来の浦安の動きがもどり、強いサッカーが見られると期待しての応援だった。

しかし前半30分に相手に先制をされ、後半追いつくも、終了間際に失点。2敗目を喫した。

何が悪いのかは選手達もわからないと思う。私はゴルフをするのだけど、新しいクラブを買って、すごく練習をして、いざコースに出たらボロボロ、というもはお定まりの出来事。

浦安SCもすごく練習をして、チームの連携も良く、練習試合ではその力が発揮出来ているにもかかわらず、公式な試合になると「あれ、あれ」と。練習の成果が出ない。

いうまでもなく、選手の補強がうまく行き、素晴らしい選手達が加入した。それぞれ経験もあり、実績も残している。だからこそ彼らが浦安SCの持つ、他とは違うサッカースタイルになじんで力を出すにはまだ少し時間がかかるのかもしれない。

残念ながら前半は相手チームのペース。1失点をしたが、他にも2、3回、ゴールが決まってもよい状況を作られた。一方、浦安SCの惜しいと思われるシュートは1本あったかどうか。

3試合とも関東リーグを維持しているチームとの試合で、千葉県リーグよりもスピードや強さがある。(もちろん千葉県リーグも上位チームは強い)

そんな中、ペースがつかめない。

後半は浦安SCが攻める場面が増えた。前半はあまり見られなかったサイドからの押し上げがだんだんと出て来る。

動画を見ていただくとその感じがわかる。最後は清水選手のボールに田中選手がヘッドで合わせた。

1点を返して振り出しに戻すと、固さがとれてきて何度も惜しいシュートを打つようになる。しかし無情にもボールはゴールポストをぎりぎりはずれたり、得点にならない。

後半は新規加入の蓮池(元ジェフリザーブス)や藤崎(ザスパ草津U-23)を相次いで投入。どんどんと攻めの姿勢が出て来る。

しかし前のめりになるその間隙をついてスピードで負けて失点。猛蹴の2得点は持ち上がった選手がGKを引き出し、スルリと上がってきたノーマークの選手にパスを出し蹴り込む、という形。あきらかに裏を取られている。

次回はホームゲーム。ブレイクを期待したい。

<追加>

Jsc2012030

今日は試合会場に「MITSUKI」「みつき」と書いたはちまきをつけて応援してくれていたかわいい女の子が3名いました。市原選手がボールを持つと「みつきぃ〜!」と大きな声。応援ありがとうございます。今日は市原選手の写真を載せます。

| | コメント (1)

関東リーグ2節 トップ対日立ビルシステム

Jsc2012013

春とは思えない寒さ(気温9度)と風雨という、はじめてのホームゲームとしてはチャレンジングな環境だった。ごらんのようにカメラのレンズにも水滴が出来るほど。

Jsc2012015

写真は村上選手が水しぶきをあげてボールへの執着心を見せる見事なシーン。

前半の15分に田中選手が先制ゴール。(これが関東リーグ初ゴール)

Jsc2012016

その余韻がさめやらぬうちにセットプレイからディフェンダーの佐藤選手がヘディングを決める。

Jsc2012021

Jsc2012017

試合はこのまま有利に進み、大きな点差が付く事が予感される立ち上がりだった。

しかし関東リーグはそんなに甘くない。すぐに日立ビルシステムに1点を返され、前半終了時には2−2と同点となってしまった。

コンディションの悪さはお互いさま。前節と同じく、ボールがつながらない。相手チームのボール際の早さに思わずファールを重ねてしまう。

後半になり、更に相手にセットプレイから1点を献上をし2−3となる。そしてロスタイム4分の表示がなされ、このまま試合は2連敗かと思われた。

あとがない浦安はロスタイムでボールを前に集める。そしてペナルティーエリアでボールを得た清水選手が放ったシュート。

Jsc2012018

正確にGKをすり抜けて見事にゴール!

Jsc2012019

Jsc2012020

残り30秒、相手側にゴール前でのセットプレイを献上してしまう。しかしこれをなんとか守り切り試合終了。だてに天皇杯予選で千葉県を制覇したわけじゃない。最後に粘り強さを見せてくれた。

しかしまだ勝利は手にしていない。どこかちぐはぐな今年度の浦安SC。関東リーグの雰囲気に早く慣れて本来の力を発揮して欲しい。

この日は初めてのホームゲーム。130分前に集合した多数のボランティアに参加いただき、雨天のなかびしょぬれになりながら試合の運営を行った。

Jsc2012022

ボールボーイは中学生達。彼らは午前中に同じ会場で行われた千葉県クラブユース選手権をみごと5−0で勝利している。試合に出場し、さらにこの悪天候の中、本当によく協力をしてくれた。

ボランティアの皆様に感謝いたします。皆様のためにも1日も早くスキッとした勝利をください。

最後に浦安SCらしいエピソード。雨の中応援に来てくれた浦安JSCの小学生達。クラブハウスの入り口に整列して、浦安SCの選手のみならず日立ビルシステムの黄色いユニフォームの選手が戻って来ると一人一人を拍手で迎えた。日立ビルシステムの選手達がロッカールームで「俺たち拍手もらちゃったよ」と話していたのが聞こえた。

とても素晴らしいマナーだと思う。これからもこんなチームであり続けたい。

| | コメント (2)

関東リーグ 苦い敗戦出発

Jsc2012012

いよいよやってきた関東リーグ初戦。対戦相手は東京海上日動。関東リーグ定着をしているチームとの対戦でしかもアウェイでの開催。

この試合は何かがおかしかった。序盤から攻め込まれ、高いボールも取れず制空権は譲った形。ボールがおさまらない。更に芝でスリップ。

浦安SCのパスサッカーは完全に相手チームの早さと意地にしてやられた格好。東京海上日動の「ホームでは絶対に勝つ!」という意地が90分ずっと伝わり続けた。

よくよく観察してみると、相手チームは戦術を研究している様子。パスでつなごうとする浦安に対して、素早くパスコースを消す。浦安がボールを持つと足下からあたりかまわず奪いに来る。序盤からこの調子に飲み込まれ、守りからじっくりとサイドに組み立てる得意のサッカーを一度もやらせてもらえず、90分ずっと浮き足立った状態。

これが開幕戦の怖さであり、上位リーグのアウェイの怖さだ。

後半10分までに0−3と完全に押し込まれ、1点を返したものの、これもコーナーキックが風にあおられて入った格好。

一度たりともワクワクするサッカーをさせてもらえなかった。

落ち着いて試合を組み立て、相手の様子を見ながら一気にたたみかけるサッカーを見せて欲しかった。

さぁ次はホームゲームだ。次の試合も関東リーグ定着のチーム。千葉県優勝の力を見せて欲しい。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »