« 追いつきながらも惜敗 対 猛蹴 | トップページ | トップ 厚木マーカスとまたスコアレスドロー »

トップ 東京23FCとスコアレスドロー

Jsc2012034

現在関東リーグ2部を全勝でダントツトップの東京23FCをホームで迎え撃つ本日の試合。これまで勝ちに恵まれていないだけに気合いの入った試合となった。

一方の東京23FCは公式戦で唯一負けた相手との試合とのことで、こちらもいつも以上に力のこもった様子が見て取れた。

その結果、お互いに失点をしないという、これまでにないレベルの高い試合となり、見応え十分な内容だった。

Jsc2012035

(写真は左サイドバックの山崎紘吉選手)

浦安SCは序盤から前線に攻め上がり、ボールを押し上げる。しかし東京23FCはフィジカルでボールを奪い返し、スピードある攻め上がりで反撃。

全体的にはシュート数はほぼ互角で、惜しい場面もそれぞれ3、4回あった。お互い得点に結びつかなかったものの、観客には見応えがあったことは間違いない。

浦安SCは勝ちにこだわったために、とにかく前に前にと上がった。その結果、相手チームのカウンターで2、3回ほど絶体絶命のピンチを誘ってしまった。

しかし浦安SCの惜しいシュートはむしろボールを素早くつないで相手を崩しながら。ボールはきわどくゴールを外したが、怪我で出場が出来ていない「太郎ならゴールに突き刺しただろう」と試合後サポーターが悔しがっていた。

Jsc2012036

今日はホームゲームでちびっ子ボランティアもボールボーイとして大活躍。それだけに勝ちたい試合だった。

しかし冷静に見るとホームゲームは負けていない。そして試合内容が充実していたため、チーム力は確実に戻ってきている。時節以降がとても楽しみになった。

本日はたくさんのボランティアに支えられました。改めて御礼申し上げます。

|

« 追いつきながらも惜敗 対 猛蹴 | トップページ | トップ 厚木マーカスとまたスコアレスドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追いつきながらも惜敗 対 猛蹴 | トップページ | トップ 厚木マーカスとまたスコアレスドロー »