« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

振り返り:東京23FC

優勝が決まってこの大会を振り返った時にまず思い出すのが東京23FCとの激闘だ。
斎藤監督は試合ごとに「この試合が一番大事だ」と選手にハッパをかけていた。初戦も決勝戦も決まって同じ。
東京23FCが全国社会人サッカー大会で優勝をし、この関東社会人サッカー大会でも優勝候補の一つとして注目されていることは知っている。サポーターの本音も最大のライバルは東京23FCだと思っていた。監督もスタッフも選手も、本音ではそうだったろう。
しかし、どの試合も大事だし勝利をしなくてはならない。そういう意味で1試合1試合に集中することが一番重要だ。
しかしだ、やはり振り返るとこの試合の勝利が優勝を決めた大きな要因であったことは間違いない。

個人個人の力を比較すると東京23FCは確かに素晴らしい選手をそろえている。更に攻撃力は破壊的と言っても良いほど脅威だ。
しかしサッカーは団体戦。チーム力が最後の結果を決める。
抽象的に言うなれば「攻撃力の東京23FC対守備力の浦安JSC」「個人力の東京23FC対組織力の浦安JSC」という構図だ。

サポーターも2戦目で東京23FCと対戦する、という組み合わせが決まってからというもの、ずっと緊張の連続だった。前日も寝苦しい夜を過ごした。この試合に勝たないとベスト4(関東リーグ昇格)になれない。負けたチームは昇格の可能性がほぼなくなる。
しかしそんなことはおかまいなしにキックオフの時間はやってきた。

立ち上がりは互角。攻守はめまぐるしく入れ替わり、ボールはピッチを前後左右に動き回る。個人技のある東京23FCはボールを奪うと強靭な力でゴール前に突破をはかる。
しかし斎藤監督に鍛え上げられた守備力が遺憾なく発揮され、ゴールマウスを開ける事はない。

端から見ると東京23FC優位に思えたろう。なぜかというと、攻撃力対守備力だから、攻撃力のあるチームが「攻めている」ように見えるのだ。しかし見る人が見ると互角。
実は浦安JSCの選手とコーチ陣は研究をして知っていた。攻めの強いこのチームは逆に攻められることに慣れていない。だからしっかりと守り、速攻で攻め上がるチャンスをじっくりと待っていたのだ。

そしてそのチャンスは意外と早くやってきた。前半14分、ボールを奪うと速攻に転じる。相手陣営でボールを受けた清水選手は(たぶん事前の作戦通り)ドリブルで思いっきりペナルティーエリアに侵入して行った。これまでパスサッカーをやっていた浦安JSCの意表を突く攻撃に驚く東京23FCの守備陣は思わずペナルティーエリアでファールを犯してしまう。

東京23FCのアマラオ監督は「シミュレーションだと思った」と語ったらしいが、そんなことは断じてない。なぜかというと、倒された清水はいつもの通り「このやろう!」とばかりボールを離さず立ち上がってゴールに向かおうとしたから。主審はそれを冷静に見ていたのでPKの判定を出しやすかったと思う。

さて東京23FCのGKは斯波選手。昨年1年間浦安JSCの仲間として千葉県リーグを戦った。それは斯波選手を悩ませたと思う。つまり、斯波選手は浦安JSCの選手達が「自分のことをよく知っている」と感じていたはずなのだ。攻めている時には「俺はあいつらをよく知っている」と思えるだろうが、逆にPKを受ける立場になると相手の立場になって考えてしまう。
つまり「俺がキッカーでGKを知っていたらどっちに蹴るか」と本能的に感じて左に飛んだ。
そんな斯波選手をあざ笑うかのように、清水選手のボールはGKの右に放たれた。
(以上はサポーターの勝手な推測です。)

Jsc2011a24

前半はこの1点のみ。

後半も堅実な守りを見せる浦安JSCに手を焼く東京23FCという流れ。残念ながら中盤でのボール奪取は東京23FCの方が上回っていた。これは浦安JSCの課題でもある。

そんな後半は27分、攻めていた時にボールを奪われ逆に速攻を仕掛けられる。短時間で「パンパンパン」と短いパス交換をしながらあっという間にペナルティーエリアに侵入され、最後は見事な個人技でシュートを打たれ失点。サポーターも相手ながらあまりの上手さにあっけに取られた次第。

しかし浦安JSCは慌てない。いつものようにサッカーをやるだけ。これは千葉県リーグで何度も修羅場を経験した強みだ。ちょっと脱線するが、今年の千葉県リーグがレベルが高かった。1試合でも落とすと優勝の望みが少なくなる、というプレッシャーに苛まれた。
対戦相手も浦安JSCと当たる時には入念な準備をして最大限のパワーを発揮してくれたと思う。特に国際武道大学、順天堂大学、JSC千葉、FC千葉なのはな、レーベンプロ、千葉教員。これらのチームとの試合は僅差。(順天堂大学には惜敗、千葉教員には最後5分で追いつかれる)

リーグの結果はダントツ優勝には違いないが、力の拮抗したチームが切磋琢磨したことがチームの経験につながったと思う。

さて、残り15分と少し。サポーターはハラハラ見ていたが選手は冷静にチャンスをうかがっていた。

残り10分。左サイドでボールを受けた長谷川太郎がドリブルでゴール前に走り込む。

Jsc2011a25

シュートすると思わせて右サイドゴール前で待っていたトミーに柔らかいボールを上げる。

Jsc2011a26

トミーもシュートすると見せかけて、実は冷静に走り込んできた清水を捉えてGKの背後に絶妙なボールをヘディングで落とす。

Jsc2011a27_2

清水は相手に囲まれながらもまっすぐに頭をボールに当てて奇麗なゴール!

Jsc2011a28

これこそ狙っていたシナリオだ。

あとは鉄壁の守備を10分間貫くだけ。時間がなくなると東京23FCはロングボールをドンドンゴール前に蹴り込んで来る。体を張った鉄壁の守備はこれをことごとく跳ね返す。単調な展開となるともはやゴールネットは揺れない。そして終了のホイッスル。

思わず涙が出た。この3年間の苦労がいかほどのものだったか。選手とスタッフが県リーグ突破にどれだけ苦しんだか。過去2年は勝ち点1、2差で涙を飲んだ。一時は夢と化してしまうのかとあきらめかけた。しかし選手はあきらめなかった。そんな3年間を思い出すと体が震えて仕方なかった。カメラを構えてシャッターを切らないと涙が止められなかった。

ようやく関東リーグに昇格できたのだ。選手一人一人全員と抱き合った。選手の汗にまみれたユニフォームを感じた。

Jsc2011a29

サポーター全員にこみ上げてくるものがあった。この勝利はサポーターの執念だ。

ブログ「おしあげろ!」にも試合の様子が書かれているが、分かる人が見るとこの試合、浦安JSCが良いサッカーをやっていたことを理解してもらえたと思う。

勝った方も破れた方も決勝戦がごとくのようだった。

県リーグでも、天皇杯予選でも激闘はあったが、選手のみならず、サポーターも、この試合ほどお互いが力を出し切った試合はなかった。それだけ見応えがあったと思う。

サッカーは力が拮抗すればするほど面白い。

| | コメント (1)

関東大会優勝!

Jsc2011a16

優勝候補と期待されて優勝するのは並大抵の事ではない。今年度最終戦のこの日が終わってみたら公式戦の負けは2試合だけ。天皇杯千葉県の決勝と県リーグの1試合のみ。関東大会は2−0、2−1、6−0、3−0とほぼ鉄壁の守備。

サッカーで連日の試合は過酷だ。県リーグが終わり、このチームは毎週、土日を練習試合で過ごした。2日間連続の試合に慣れるため。その効果はきちんと関東大会で現れた。

試合開始。ボールはつながるものの、ゴールが決まらない。パイオニア川越工場サッカー部(以下パイオニア川越)も2日目ながら動きが良い。昨日のように簡単には崩せなかった。

しかし37分。ゴール前でトミーからつないだボールを大久保翔が蹴り込み先制。

Jsc2011a17

これで決勝戦の緊張がとけたのか、エンジンがかかったのか、40分、大きくゴール前にフィードされたボールを、飛び出した清水康也が見事なボレーシュートを決める。

Jsc2011a18

前半を2−0で折り返した。

後半は一進一退といった試合展開。

なんと言っても永井の安定したゴールセービングが光った。

Jsc2011a19

守護神がしっかりと仕事をすると前線も仕事がしやすい。

後半も半分が過ぎたところで清水康也にボールが渡ると何かが起こる。これは本当に起こるのだ。

ゴール前で清水が相手を弄ぶがごとく逆をとりながら大久保に的確なパス。大久保が一旦相手の動きを見て清水に返す。このシュートをディフェンダーが弾いたところでつめていた長谷川が突き刺した。

この大会は斎藤芳行監督の劇場だった。新チーム結成後、天皇杯、県リーグと斎藤イズムを選手にしみ込ませた。フォワードが前線で献身的な守りをしながら、奪ったボールをスピードアップして左右に振りながらゴールに迫る。そしてディフェンダーの体を張った分厚い守り。どんなにプレッシャーを受けても絶対にゴールを割らせないという強い意志。

そして週4日間の徹底した走り込み。この走り込んだという自信が後半に活かされる。選手は練習がきつ過ぎるので、試合できついとは思わないのだ。最後の瞬間まで走り、そのスピードが落ちる事はない。

この斎藤イズムは控えの選手まで徹底して鍛え込まれている。4日間の大会で当然欠場者が出て来る。事実準決勝では都並キャプテンを含む通常スタメンの3名が欠場。決勝でも2名が欠場しているが、サポーターにそれを気づかせないくらい全く同じサッカーを出来るのだ。選手達はこのグランドという劇場で、それぞれの役目を見事に果たす。

そしてつかんだ優勝と関東リーグへの昇格。

Jsc2011a21

浦安は震災で大変な被害を受けた。3月11日以降、選手達は浦安市での練習は一度も出来なかった。都内の施設を点々とし、週末は公式戦と練習試合で鍛えられた。このつらい状況がむしろ選手達を発奮させた。負けられない。浦安は立ち上がる。そんな思いがいつも伝わってきた。

県リーグでの1点差の勝利。関東大会2試合目の東京23との白熱した試合。どんなに危機が迫っていても、慌てず自分たちのサッカーを貫き、そして粘った。大差の勝利もあったが、この僅差の勝利にこそ価値がある。

毎試合、浦安市サッカー協会が震災後に作成したステッカーを張って試合にのぞんだ。この気持ちを届けてくれた浦安を誇りに思う。

Jsc2011a20

<次は佐々木竜太選手の引退>

続きを読む "関東大会優勝!"

| | コメント (2)

関東大会準決勝

関東社会人サッカー大会の準決勝の相手は三菱養和SCだ。前試合を8-1で勝ちあがった東京都代表。

この日は怪我と累積で主力3名が出場をしていない(都並、市原、佐藤)が、選手層が厚いとつくづく思う。なぜかというと、その3名の穴を埋めたのは元キャプテン伊福、渡辺卓、そして佐々木竜太。もの3名ともレギュラーでもおかしくない。

この試合がどのような結果になるかは、すでに試合前のアップの段階で読めていた(と思う)。というのも、アップの気迫が違っていた。相手チームは和やかな雰囲気だったのに対して、浦安JSCはすでに戦闘モードで本気のアップ。本番さながらのミニゲームをこなしていた。

その違いはキックオフ直後に出た。開始約20秒で一気に攻めた浦安JSCは長谷川太郎のゴールで先制。その後完全に試合のコントロールを握った。

Dsc_9975

10分に渡辺卓、15分に再び長谷川太郎と得点を重ねた。

Dsc_9984

前半のボール支配率は60-70%はあっただろうか。奪われてもしつこくすぐにボールを取り返し、左右に振りながらゴールに迫る、という展開。
相手チームのシュートはわずか1本という分厚い守りでほとんど隙を与えない。ゴール前では佐々木、水口が体を張っていた。特に低めのボールも頭からダイビングをしてクリアする姿は「命を賭けた」姿に応援団は感動をしていた。

後半開始ではハーフタイムで気分を変えた三菱養和がボールのコントロールを前半よりも高く保ち始める。
ここではGK永井の完璧なセーブが威力を発する。平日練習で徹底的に鍛え上げられた永井の本当の力を発揮するチャンスは、分厚い守りを実行してきたこの大会ではほとんどなかった。この日は2,3度シュートを打たれたが、瞬時の対応でボールをキャッチして完全に防いだ。見事だった。

後半25分に長谷川太郎の見事なシュートがゴールバーに当たり、その跳ね返りをトミーが確実にゴールに押し込む。
33分には長谷川太郎が今度はきちんとゴールに打ち込む。これでハットトリック。

後半も残り10分を過ぎても浦安JSCのスピードは止まらない。左右から中央から相手をかく乱しながらボールを回す。そして鋭いセンタリング。
思わずゴール前で相手チームのオウンゴールを誘って本日6点目。

FWは塚本、野間田を相次いで投入してスピードを上げた。
そしてサイドバックの小川を投入。小川はこの大会初出場。

今期限りで引退する佐々木竜太の集中力はこれまでになく高かった。明日は彼の選手生活すべてをかけた試合になるだろう。

Dsc_9981

| | コメント (0)

ジュニアユースセレクション

007

2012年度新中1の1次セレクション(2回目)が小雨の中行われました。1次セレクションには浦安市・江戸川区始め近隣の地域から100名近くの選手が参加しました。

浦安JSCのプロコーチ達が選手一人一人のプレーを真剣に見つめていました。

1次セレクション合格者は12月に予定の2次セレクションへ進みます。

009

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »