« 1年生3位決定戦で勝利 | トップページ | シニアチーム浦安市リーグ初の勝ち越し »

U13カナリーニョFCに勝利

U13東葛リーグの順位リーグである、2位リーグが始まりました。
一次リーグは2勝1分と無敗でしたがエクサス松戸と同じ勝ち点だったため
わずかに総得点の足りなかった浦安JSCは2位リーグに進みました。
(同2位リーグにはフッチ、カネヅカ、カナリーニョがいます)
 
場所は我孫子市の中央学院大学つくし野総合グラウンド(アウエー)で9:30K.O.
対戦相手は柏が拠点のカナリーニョFC。
 
 
 
<前半戦>
ドリブルでのキープ主体の相手チームに対し、しっかりとしたディフェンスで球を奪い、バックスから丁寧に中盤に繋ぐ浦安スタイルがポゼッション率で相手を圧倒しました。
 
また、いつものように飛び出したFWの選手に何度もナイスなスルーパスが出ました。
キーパーと1対1になる場面が前半の中盤までに3~4回はあったでしょうか?残念ながら相手キーパーの好セーブに阻まれ、なかなか得点できませんでした。
しかし15分以降、その均衡を破る32番冨塚選手のゴールを皮切りに10番鈴木選手、9番小熊選手、7番日野選手らのゴールが連続して決まり4-0で折り返します。

Jsc201039

 
 
 
<後半戦>
相手の選手ががらりと変わりました。(おそらく後半はAチームだったのでしょう)
浦安選手もがらりと変わって今度はBチーム主体の布陣でした。
今度は相手の個人技によるボールキープが目立ちました。シザーズやターンなどを
巧みに使って何度も真中に突っ込んできます。浦安バックスもコーチに再三ポジショニングに対する指導を受けながら体を張って真剣に止めようと試みますが、10分頃でしょうか、相手にPKを与えてしまい失点。
その後も相手側9番を中心に3得点を許してしまいました。しかし31番石田選手が貴重な1点を返したことと、なんとか時間内まで踏ん張ってTOTAL5-4で勝利。
 
後半戦は少々ハラハラドキドキしましたがなんとか踏ん張って勝利しました。
 
チームには様々なカラーがあります。今回は壮絶な「パス」と「ドリブル」の勝負という
感があり、両チームのまた違った良さが光りました。特に狭い隙間を突破しようとする相手チームの個人技には目を見張るものがありました。
 
さて第2戦目。予定表では23日にフッチ戦です。市川・浦安大会の借りを返せるよう、頑張りましょう!
 
 

|

« 1年生3位決定戦で勝利 | トップページ | シニアチーム浦安市リーグ初の勝ち越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年生3位決定戦で勝利 | トップページ | シニアチーム浦安市リーグ初の勝ち越し »