« U13市川浦安大会準優勝 | トップページ | 小1公式戦デビュー3連勝 »

トップ最終戦 対 千葉SC 6−1で有終の美

Jsc201030

千葉県1部リーグでは今日が最後の試合となりました。
すでに勝ち点27で2位を確定した浦安JSC。1位の千葉教員が勝ち点32で全予定を終了しており、3位のチームが勝ち点22のため、勝ち負けに関わらず2位となりました。

しかし最後の試合を勝って終わるのとそうでないのは大違い。

立ち上がりから一方的な試合となりました。
開始10分ほどで羽田選手のシュートが決まり、危なげない試合運びで前半は2−0で折り返し。
特に2点目は右サイドバックの正木選手のスピードを活かした折り返しからの得点でした。ゴールラインを割りそうなルーズボール。しかし猛然と走り抜け、ボールを止めるとそのままゴール方向に突破したのです。ボールをゴール前に低めの折り返し。それを伊福選手が確実に決めました。あまりの速さに唖然としました。

さて後半はゴールラッシュです。
まず羽田選手が2得点をしました。

相手ボールをカットすると、大久保選手から絶妙なフィード。ここが羽田選手の一番得意な位置です。慌てず確実にゴール。その後1得点を加えて、本日ハットトリック達成!

そして渡辺選手の正確なフリーキック。

Jsc201031_2 Jsc201032_2 Jsc201033 Jsc201034

痺れます。

次のビデオは斯波選手のゴールキックから少ないタッチで前線に持ち込み、それを粘ったi伊福選手からボールをまわし、最後は大久保選手のゴール!

 

相手の高いヘディングで1失点をしたものの、6得点を稼ぎか勝ち点30。得点35。得失点差26。

1位の千葉教員が勝ち点32、34得点、得失点24なので勝ち点こそ2点及ばないものの、得点、失点ともに上回ることが出来ました。もちろん直接対決も4−0で勝っています。

今年度1位になれなかったのは下位チームとの引き分け2回と負け1回というもの。上位チームには強いものの、昨年と同様、下位チームとの試合で取りこぼすという残念な結果でした。

また羽田選手や水澤選手が前半怪我により出場できなかったことも一つの要因でしょう。(これが響いてカップ戦で優勝を逃したのも残念でした)

しかしこの2年でチームは素晴らしい力をつけています。間違いなく前進しているのです。第一サッカーを観ていて楽しい。

ゆっくりと休養して、次のステップに踏み出しましょう。

選手だけでなく、金子監督、そしてスタッフの皆さん、お疲れさまでした。

|

« U13市川浦安大会準優勝 | トップページ | 小1公式戦デビュー3連勝 »

コメント

今期は、毎日続くこの暑さや、試合会場も遠い場所が毎週続いたりして、ゲームそのもの以外でも大変なことが多かったと思います。

金子監督・主力メンバーはもちろん、サブメンバーのみんなも、本当にご苦労様でした!

そして、毎回素敵なサッカーで魅せてくれて(時々ヒヤヒヤもしますが‥‥f^_^;)、ありがとうございます!!

最終節‥‥観に行きたかったぁ!(ノ△T)

残念ながら、締めの試合を観ることができませんでしたが、その代わりに、U‐10の選手たちがトップチーム顔まけの得点シーンで郡市大会を勝ち上がってくたので、いずれにしても私にとっては楽しく嬉しい日になりました♪

投稿: I LOVE GIGGS | 2010年9月 6日 (月) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U13市川浦安大会準優勝 | トップページ | 小1公式戦デビュー3連勝 »