« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

トップ好発進 対 オクトパス

千葉県リーグが今日開幕しました。
最初の対戦相手は「FCオクトパスNARITA」。今期1部リーグに昇格をしたチームです。

Jsc201009_2

立ち上がりから浦安JSCの一方的な展開となりました。
開始10分に高校生の富塚選手のコーナーキックを、これまた高校生の水口選手がゴール。

Jsc201010

Jsc201011
(写真は2010年度社会人リーグ最初の得点を決めた水口選手)

その興奮も覚めやらぬうちに、今度は富塚選手が豪快に蹴り込み2点目。

Jsc201012
二人のユース選手が大活躍です。

その後、松井選手が追加し、前半は3−0で折り返します。

後半も浦安JSCの攻めが続きます。
まずは大久保選手が技ありの得点で4−0。

後半は怪我で戦列を離れていた羽田選手が投入されました。
ン?ちょっと太めの羽田選手。
その羽田選手もしっかりと得点をして5−0と突き放します。

Jsc201013
(写真手前が羽田選手、奥は松井選手)

後半の残り20分ほどで相手に攻められる展開があり、そこで失点をしてしまいます。リーグ戦は最後に得失点差が決め手になることが多いので、この失点はもったいない。

結局5−1で試合は終わりました。

今日は全体的に体の切れもよく、選手はよく走っていました。
この調子を維持してリーグ戦を勝ち抜いてください!

| | コメント (0)

新中1チーム 対 東京ヴェルディレスチ

Jsc201006

新中学1年生チームのユニフォームが出来上がりました。今日は東京ヴェルディー「レスチ」と練習試合。終了後に全員でチーム写真を撮影しました。
(クリックして拡大)

お互いに30名ほどの選手が集まり、3つのチームに分かれて8人制、5人制を交互に練習試合しました。

Jsc201007

浦安JSCの新中1チームは30名を超えるチームとなり、浦安市、千葉県、東京都からセレクションを経て結成されました。
今日の練習試合は4時間ほどたっぷりと、それぞれ7、8試合をこなしました。
力的には五分五分ながら、勝敗は浦安JSCが優位な結果となりました。
(ただしレスチは他の試合と選手が分散しています)

Jsc201008

浦安JSCは読売クラブ出身のコーチによって創設された経緯を考えると、東京ヴェルディとは兄弟の関係でしょうか。斉藤前監督もU12の監督をされていることもあり、これからも切磋琢磨できるといいですね。
中1チーム、期待できますよ!

| | コメント (0)

小学2年生 フットサル大会優勝

5月5日フットボールコミュニティー松戸八柱にて大会が行われました。

試合は6人制のフットサル形式でリーグ戦。
松戸・市原・船橋など全6チームが参加。

Jsc196

初めて見る選手やユニフォームで市内大会とは違った雰囲気を感じながらも気負うことなくいつも通りのプレーを見せてくれました。

Jsc197

予選で上位チームに入り決勝まで駒を進めました。

決勝では1勝1引き分けでしたが、得失点差で優勝することが出来ました!!!

優勝して新品ボールGETしましたぁ~~~!!!

Jsc198

| | コメント (1)

U14 対 ヴェルディ レスチ

003

U14チームがヴェルディ レスチと練習試合を行いました。舞浜グランドで17:00から21:00まで30分を6本とたっぷり汗を流しました。

Aチーム、Bチームと交互に30分づつゲームを行い、Aチームは1-0,1-0,1-0で3勝、Bチームは2-0、0-3、2-0の2勝1敗でした。ヴェルディ相手にボールキープ、パス、相手へのプレッシャーなど内容は浦安が上回っていました。特にAチームは中盤でのボールキープ、相手ボールのカットなどが機能していて、全く危なげない試合運びで相手にシュートさえさせない展開となりました。

002

2年生となったU14チームは今年は強豪チームへのステップとする年です。東葛・海浜リーグや県リーグなどで結果を出していくためにどんどん鍛えていきましょう。

007

またこの練習試合には1年生も3名が出場しました。Aチームの中でも伸び伸びとしたプレーを見せた選手もいました。新戦力が刺激となり切磋琢磨してレベルアップが期待できます。

| | コメント (1)

千葉県社会人リーグカップ決勝戦

Jsc192
5月2日(日)にJEF千葉のホームである、フクダ電子アリーナで千葉県社会人リーグのカップ戦決勝が行われました。

浦安JSCは予選を1位で勝ち上がり、準決勝で千葉教員SCをPKで破り決勝へ進出しました。市川SCも準決勝で柏FCをPKで破り進出です。
隣街同士のダービー戦となりました。いやが上にも盛り上がります。

県リーグでフクアリが使われることはこれまでなく、今回は最高の舞台が準備されたことになります。浦安JSCは幼児から大人まで全ての世代からの応援があり、中学生中心のにわか応援団が中心に熱い応援を繰り広げました。

Jsc193

最初の挨拶の際に、その応援を観た浦安JSC選手には気合いが入ったことが分かりました。開始早々からボールを支配して攻め続ける展開。ほとんど一方的な攻撃となりました。
そして開始10分、飛び出したバックスの渡辺選手がGKと1:1となり、ゴールネットにボールを突き刺しました。

Jsc194

応援団は歓喜の渦に包み込まれました。

その後も途切れることなくボールをつなぎ、シュートを放ちます。
しかし相手が攻めてきた一瞬、ゴール前でファールを取られ、市川SCのフリーキック。
これが柔らかい完璧な放物線を描いてGKの斯波(しば)選手の左手の先をかすってゴールをしてしまいます。
これで前半は1:1の同点で終わりました。

後半は息を吹き返した市川SCが一転して攻める展開に。
浦安JSCもボールを奪ったら素早く前線につなぎゴールを狙います。そんな時、相手ゴール前でミスをしボールを奪われ、前掛かりになっている浦安JSC陣営に市川SCが速攻。
正面からゴールを決められ2失点目をきっします。

Jsc195

残り10分になるも、FWの加藤選手がボールを持って攻め込むもゴールネットを再び揺らすことはなくゲームセット。惜敗したものの、本大会は準優勝を飾ることが出来ました。

前半の攻撃力と確実につなげるサッカーが、後半になって勢いがなくなってしまいました。特にボールを奪うも、シュートまで持って行けるしぶとさ、という意味では課題が残ります。そういう意味では市川SCの気力が最後上回ったということでしょう。

5月になって社会人リーグも始まります。今回の敗戦をバネにして、確実にリーグ戦を1位で関東大会に勝ち上がる力をつけてもらいたい。

この決勝戦は浦安JSCの関係者のみならず、浦安サッカー協会からも応援に駆けつけていただきました。ありがとうございます。

応援の数では相手チームの5倍はあったでしょう。応援の声、拍手の強さも圧倒していました。
皆様の暖かいサポートに感謝致します。

| | コメント (0)

全日本少年サッカー大会の開会式

Jsc201005

新6年生が全日本少年サッカー大会の開会式に参加しました。
大会たのしみですね。
5年生の時に勝ち進んだように、また頑張ってください。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »