« トップチーム、強敵国際武道大学に大勝! | トップページ | トップ雪辱をはかる »

U-12全日本少年サッカー大会千葉県大会県ベスト16進出ならず

6/7(日)、習志野市袖ヶ浦少年サッカー場にて、ジュニアU-12の
全日本少年サッカー大会千葉県大会5回戦が行われました。
県ベスト16を目指し、強豪カナリーニョFCセレソンと対戦・健闘
しましたが、力の差も有り、残念ながら、0対12で敗退しました。
個人技・組織プレー共に優れ、当クラブがお手本にすべき相手で
あったと思います(上手なサッカーができて強い、且つ、勝てる)。

当クラブ・U-12のこれまでのベストの戦績までは分かりませんが、
昨年余り勝てなかったチームが年度初から県で4勝したからこそ、
この様な貴重な体験ができたと思われます。選手・コーチの皆様、
大変お疲れ様でした。
その成長や進化に素直に感動した、素晴らしい1カ月余りでした。
サッカー人生はまだこれからです。次回また頑張りましょう!!!

強豪相手に県ベスト16、ベスト8以上の更に上を目指すためには、
更なる育成・強化が必要であり、それが課題であると思われます。
実際、今大会前の我孫子遠征の際は、我孫子・柏のチーム相手に
良い結果を残せませんでした(本日対戦した相手も柏市のチーム)。

クラブとしても、クラブの良い面だけを取り上げるのではなくて、
ジュニアを含む全ての世代で、更に上を目指した取り組みを是非
お願いしたいと思います(ジュニア世代では、更なる練習試合等)。
そのために必要であれば、可能な限り協力させていただきたいと
思います(強い選手をセレクションするだけでなく、ジュニアの
底上げそのものが必要だと考えられます)。

以上

|

« トップチーム、強敵国際武道大学に大勝! | トップページ | トップ雪辱をはかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トップチーム、強敵国際武道大学に大勝! | トップページ | トップ雪辱をはかる »