« ジュニア5・6年生遠征練習試合 | トップページ | 新練習着ができました »

ユース対U15

U15チームがユースチームとガチンコ勝負に挑みました。集合時間が午後1時で試合開始が3時、という真夏の過酷な環境のなか、30分2本のゲームが行われました。

U15は主力4名が怪我などで欠場という状況でしたが、それを埋める2年生の活躍がありました。

ユースは高校3年生から1年生まで、怪我で欠場の一部の選手を除くとほぼフルメンバー。U15との力の差が懸念されました。

Jsc200821

前半はそれでもU15の結束力か、暑さのための動きが今ひとつだったためか、いずれも攻撃面での激しい動きがなく、膠着状態が続きました。終了間際にユースのコーナーキックが背中に当たって1点先取。

後半はユースの選手を入れ替え、トップチームの林選手が加わり、前側の動きが全く前半と違うすばやいものになりました。その結果、技術・体力に勝るユースが数点を入れて力の差を見せつけました。

ボランチ、ハーフ、フォワードの主力を欠くU15はボールを回そうとするが、動きの速いユースに奪われる展開となり苦戦しました。しかしここ数週間、暑さの中練習試合をこなしてきた2年生の動きが目を見張るものがあり、自分より20~30センチ背が高い高校生に負けずにボールをキープする姿(最後は倒されていましたが)が印象的でした。

中学生にとっては強い相手と戦う、よい経験になったと思います。あとは怪我からの復帰をし、良い形で高円宮杯に望めると良いですね。

いよいよ8月2日から開幕です。

|

« ジュニア5・6年生遠征練習試合 | トップページ | 新練習着ができました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュニア5・6年生遠征練習試合 | トップページ | 新練習着ができました »