« 12月の体験練習会 | トップページ | 初詣 »

明けましておめでとうございます

Jsc200801

明けましておめでとうございます。1月3日より、那須スポーツパークで行われているジュニアユース以上の選手達のキャンプを訪問してきました。

那須とはいえ、大田原市にあるこの施設は、2002年のワールドカップの際に海外のチームがキャンプを張った、とてもサッカーをするのには環境の良い設備が整っています。

山側では雪が積もっていましたが、こちらは全く雪もなく、多少の寒さはむしろサッカーを行うには最適なコンディションでした。

選手達は元気に走り回り、そしてコーチたちの厳しいトレーニングの後に24時間沸いている温泉で疲れを癒していました。

Jsc200802

練習の後、横浜FCのヘッドコーチとなる斎藤コーチや野地、上條の両コーチを交えて浦安JSCの中長期的な展望について議論をしました。

2008年はいろんな意味で浦安JSCの変革の岐路に当たる年になりそうです。千葉県で1位になったことから、本格的にJリーグを目指す道筋が見えてきました。

しかしそれはそう簡単なものではありません。関東大会での反省から、これから取り組むべき事もはっきりしました。それは選手層の充実です。そして全国レベルのクラブチームになるために欠かせないものがあります。それは「地域密着」です。

浦安市を中心とした地域にしっかりと根を張り、近隣の優秀な選手が自然と集まる魅力的なチーム作りをしていかなければなりません。

そのためには単に強くなることばかりではなく、地域と共に成長をするような仕組み作りが重要となります。

一昨年は子供達や保護者が楽しめるクラブチームとして「参加型」を模索しました。昨年はそれを求心力として「結束」が実現出来たと思います。 そして実力も着実につき、実績が残せてきています。

今年はさらに大きな前進を目指して踏み出すことを決意しました。

浦安JSCは千葉県で4番目に強いクラブチームです。上位2つはJリーグの両チーム(含むJFLのそのアマチュアチーム)。そして関東リーグに古河電工千葉というもう1チーム。浦安JSCは社会人リーグ1位を獲得していますので、その次に強いクラブチームということになります。

この強みを活かして今後数年間にわたり強い選手を育てるだけでなく、強い選手が魅力を感じて入団をしてくる、そんなチームにしなければなりません。

もしこのブログを見ているサッカー選手(子どもから大人まで)がいたら、千葉県1位から関東1位を一緒に目指してみませんか?

また運営に関わりたいかたがいらしたらクラブチームまでご連絡ください。

|

« 12月の体験練習会 | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月の体験練習会 | トップページ | 初詣 »