« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

第1回 体験練習会

本日11月25日は来年度中1向けの体験練習会を行いました。

東京都、千葉県から約30名の参加がありました。

Jsc046

1時間30分にわたり、Jリーグを目指すトップ選手と中学生の選手が一緒になってミニサッカーで汗を流しました。

Jsc047

小学生の選手は一流選手のサッカーのうまさに触れて充実して時間を過ごしました。世代を超えて交流が出来る浦安JSCの良さを体験できたと思います。

今後も体験練習会を重ねていきます。体験練習会に参加した選手にはジュニアユース(中学生)の通常練習にも体験でご招待します。HPの開催案内をチェックして申し込んでください。

問い合わせはホームページのメールか電話でお願いします。

| | コメント (0)

JrユースU14 対千葉SC戦

Jsc113

11月24日PM 4:15より舞浜グランドにてU-14新人戦3次リーグの初戦がありました。相手は千葉SC(ユースは10月の関東大会で優勝している強豪チームです)、会場についてまずびっくりしたのは小学3,4年生とその父兄の方が10名以上応援に来てくれていて総勢で30名以上の大応援団となっていたことです。

結果は2-1で浦安JSCの見事勝利となりました。

コーチから『楽しんでサッカーしてこい』と送り出された選手達。今回も I君H君のダブルボランチで試合は始まりました。前半5分、MFのH君が中盤で相手のボールをカットし、そのままFWへスルーパスそのボールを走りこんだT君が受けて左サイドからドリブルしシュート!! 右ポストに当たりましたがそのボールが相手DFとともにゴールへ吸い込まれ先制の1点目が入りました。

その後も浦安JSCペースで試合は進みましたが、20分相手が浦安右サイドから強烈なシュート!中1キーパーのS君がなんとかはじきましたが、その球を蹴りこまれ1-1となりました。ところが追いつかれても成長しているチームの勢いは止まらず、30分に相手ゴール前左サイドでもみ合う中から、またもFWのT君がドルブルで抜け出しシュ~ト!! 大きな追加点が入りました。(コーチ陣からも絶好調のT君に『あいつ昨日絶対なにかいい事あったに違いない』という声がでていました)

後半は中盤で激しいボールの取り合いが続き両チームともしのぎを削りあいました。終了前15分あたりから相手の最後の猛攻が始まりましたが、浦安JSCもT君を中盤にY君をSBにポジションチェンジして鉄壁の守りを見せました。バックス陣もCBのO君を中心に体を張って守り、最後は相手は蹴るしかなくなる展開になりました。

そして終了のホイッスル。観客席からは大きな歓声と拍手が鳴り止みませんでした。それにしても本当に守りが堅くなりました。試合後コーチからは『試合開始10分で選手達の成長をしっかり感じた。ユースで経験を積んでいる選手達を中心に守りの堅いしっかりしたチームになってきた』という言葉がありました。(千葉SCには1次リーグで0-3、2次で0-0、そして今日3次で2-1と成長の足跡を残しました)

Jsc114

3.4年生のチビッ子達も普段の試合や合宿の、お手伝いに来てくれる中学生のお兄さん達の試合に大きな声援を贈っていました。中学生達もチビッ子達にいい所を見せられて挨拶のときは皆なんとなく誇らしげでした。違う世代の試合も皆で応援できる風土はトップチームの関東大会進出がもたらした大きな財産ですね。幼児からトップまでのピラミッドがある、浦安JSCでなくては体験できないクラブチームの強みです。

U-14チームにとっては幸先の良い大きな大きな勝ち点3となりました。ベンチで手伝いをしてくれたトップの選手や中3のN君もありがとう。そして応援に来てくれた沢山の父兄の皆さんありがとうございました。

* 次戦は12月8日15:00対ヴィヴァイオ06、12月9日13:30対ヴィヴァイオ05ともに船橋北高校グランドです。

| | コメント (3)

3,4,5年生が試合でした

今日はジュニアの試合が重なりました。

Jsc044_2 

4年生は1点取ったものの2点を失点してしまいました。しかし以前は大きく負けていたチーム相手にずいぶん成長が感じられました。特に後半はJSCペースとなり、ボールが周りよく走っていました。これからは練習試合などを増やして、試合感覚をやしなって行きたいと思います。

5年生は4得点で勝利!中盤からバックスも良く守り、攻めもJSCらしさが出た試合でした。ここのところ急激に成長しているチームです。

Jsc045

3年生は2試合ありました。1分け1敗です。まだオフサイドを習っていないので、責め立てていると何度もオフサイドを取られてしまいます。「オフサイドってなぁに?」と試合中に聞いてる姿がかわいい。2得点は良い感じで入りました。まだサッカーを楽しんで、元気よく走っていればいいと思います。よく走っているので期待が持てます。

| | コメント (0)

都並氏からのコメント

この2日間試合観戦をしていただいていた、都並氏(元セレッソ大阪監督)のコメントを頂くことが出来ました。

「残念な結果には終わりましたが、選手達の闘いぶりは見ていて感動を覚えました。 この闘いに自信を持ち、また反省を忘れずに来年こそ悲願の関東昇格を達成して下さい。選手の皆さん、スタッフの方々、そして応援団の皆さんも本当にお疲れ様でした。」

戦った選手達、それを支えたスタッフ、そして世代を超えた応援の皆様の心に響く、大変にありがたいお言葉です。結果に落ち込んでいる気持ちも、これで思い切り吹き飛ばしましょう。

JSC一丸となって頑張って行きますので引き続きよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

伊福キャプテンの怪我

伊福キャプテンの怪我の状況をお知らせします。

先ほど本人から聞いたのですが、全治2~3週間とのことです。選手生命に関わるようなダメージは全くない、という話。

前半終了2,3分前に転んで肩をぶつけ、その時はちょっと違和感があった程度だったらしいのですが、休憩時間に大けがであることが判明。救急車となりました。

ただもう回復基調で、今日からコーチとしての仕事でグランドに出るそうです。本人からはそう心配はいらない、とのお話でした。

心配していただいた皆様によろしくお伝えください、とのことです。

また応援についても、「試合をしていて本当に力がみなぎった。皆さんの応援は選手にとってなによりのものだったです。」と感謝していただきました。

以上ご報告でした。

| | コメント (0)

関東大会

071111 選手の皆さん、連日の激戦ご苦労様でした。関東リーグ昇格の目標は来年に持ち越されましたが、千葉県1位、関東大会進出そしてベスト8はJSCに多くのものをもたらしてくれました。

写真のちびっ子達の姿がそれを表しています。コーチの名前を一生懸命叫びながら応援していましたね。

トップの試合を見るのは初めてのちびっ子達、Jrユースの選手、ユースの選手、父兄達が沢山いました。JSCのジュニアからトップまでという姿を多くの方が見て体感し一体となって応援できたのは、トップの選手たちが勝ち上がってくれたおかげです。

ちびっ子達は普段サッカーを教わっているコーチ達が、こんなにもサッカーがうまくてカッコイイ(普段もかっこいいですが・・)ことを、そして誰よりも真剣にサッカーに取り組んでいる事を胸に焼き付けたことでしょう。

JSCが名前にジュニアという文字を入れることを大切にしている意味がここにあるような気がします。全ての世代の試合がまた来週から続いていきます。みんなでJSCを盛り上げていきましょう。選手の皆さんありがとう!!

| | コメント (5)

関東大会準々決勝

            Jsc041_2

11月11日(日) 午前11時キックオフ 対日立ビルシステムビルケア

前半の立ち上がりは完全にJSCペース。昨日の疲れを感じさせない動きで、おもしろいようにパスがつながる。何度か惜しいシーンもあった。

しかし前半の20分を過ぎると相手チームが巻き返しをはかってくる。ボールをサイドに蹴り出し、そこからセンターにあげてくるサッカー。JSCは疲れが出てきたのか、立ち上がりの勢いが少しずつなくなってくる。試合は全く均衡状態に。

前半の終了直前、一人フィールドで倒れている。接触か。ブレイクの時に確認をすると、キャプテンの伊福選手が腕を固定したまま救急車で運ばれていた...肩の脱臼。

伊福選手が抜けた穴をどう埋めるか、が鍵になった。中盤でボールを取られるケースが増え、苦しい時間帯が続く。

それでも鋭くボールに当たり、形勢を変えてはゴールに迫る回数が増えてきた。あわやゴール、となるシーンは3,4回続く。しかしシュートは枠をはずれ、ゴール前の混戦では相手選手の足に当たってしまいネットを揺らすことはない。相手選手に当たって出たボールもなぜかゴールキックの判定。

ほぼ後半終了時には数十人の応援団が声を張り上げて「う~らやす!」と声援も強くなる..もうロスタイムに入ったかと思われた瞬間にサイドから流れたボールをゴールに入れられてしまった。

残り2分を怒濤の攻撃をしたがむなしくもゴールを割ることはできなかった。

まさしく死闘だった。

二日連続で試合をさせる、この関東大会は熾烈すぎる。日程的な問題もあるのだろうが、選手の肉体的な疲労を考えると運営には問題があると思う。事実キャプテンが大けがをしている。更に本日は11時の試合は2試合同時進行だったが、救急車が4回出動していた。選手の疲労はピークを越えていて、お互いに負けるとおしまい、という追いつめられた状況で、無理を重ねてしまう結果だろう。この事実は重く受け止め、若い選手の未来をつみ取らないように、ぜひ試合形式は再考願いたい。したがって昨日の雨の中の厳しい環境の試合と比べても試合内容が劣るのは仕方ない。

さらに言わせていただくと、某日本代表監督がおっしゃるような、「走りながら考える」サッカーを実践しているチーム、すなわちJSCのような走ってボールを回すチームにはきわめて不利な状況となる。結果的に選手層が厚く、ボールを蹴るタイプのチームが勝ち残るのではないだろうか。これは中学生の試合でも感じたことだ。真夏に1日に2試合をこなす試合の組み方は本来過酷なスポーツであるサッカーでやってはならないことではないか。それも成長期の13歳の子供達に。JSCは1試合目で勝っても2試合目で走れなくなり、負けることが多い。

負け惜しみと取られてもいい。しかし大会運営にお願いしたい。どのチームもベストのコンディションで試合が出来る日程を組むべきだろう。お互い条件がまったく同じ、という言い方はあるだろうが、ベストなコンディションでベストな試合を行い、そこから真にベストなチームを選ぶ仕組みにはならないものか。疲れたチーム同士が過酷な試合を行い、僅差やPKで決するのは若い選手たちにも、そして観戦者にも申し訳ない。

しかしこのコンディションの悪い中、2日間で累計200名も応援にかけつけてくれた皆様。本当にありがとうございました。声をからして最後まで応援団長を務めてくれた中学生ありがとう。これがJSCの良さだし、彼らも先輩達のすばらしいサッカーを見て目覚めたことでしょう。

選手の皆様お疲れ様。来年こそは、の今の気持ちを忘れないようにしましょう。関東ベスト8はこれまでで最高の結果です。

Jsc042

| | コメント (6)

関東大会第1戦勝利!

Jsc037

対 宇都宮FC戦 2-1で見事勝利しました。

昨夜から冷たい雨の降りしきる中、選手達は本当にがんばりました。また雨にもかかわらず集まってくれたJSC応援団は130名以上!

試合内容は圧倒的なボール支配率。シャークのようにボールが選手間を見事にまわり、相手チームを翻弄しました。雨のために強いボールはすべって走りすぎ、近いパスは止まってしまいます。ボールを回すJSCはなかなかそのタイミングがつかめない。でも徐々にボールが回り始め、前半で2得点。

後半は体が冷えて動きが悪い立ち上がりに失点。しかしその後も攻め続け、何度も相手チームのゴールに迫ります。幻のゴールも2回。点差は1点ながら試合内容は圧勝。それだけサッカーの勝利は難しい。逆に言うと負けたら終わりのトーナメントでは力の差、以外の部分での勝ち負けもあり得る、ということだ。気を引き締めよう。

Jsc038

小学生も大人も選手に負けずに声を張り上げました。特に中学生軍団の結束力は驚きでした。練馬から来てくれたマメックスの選手達もありがとう!

Jsc039

Jsc040

| | コメント (3)

Jrユース U-14新人戦2次リーグ第7戦

2007113 11月3日(土)舞浜グランドにて19:15から2次リーグ最終戦が行われました。(当初案内の17:30と思って応援に来て時間変更のため観戦できなかった方、連絡不徹底で申し訳ありませんでした。)

対戦相手はバリエンテオンセ、JSCにとって結果が大切な最終戦となりましたが見事1-0で勝利しました。(2次リーグを連勝で締めくくりました。)

前半は前回の試合と同じくダブルボランチの体制で試合が始まり、MFのI君、H君、T君が中盤で相手の攻撃を摘み取り、開始直後からJSCが攻勢となりました、パスをつなぎながら攻めまくる展開でシュート、シュートのあめあられという感じでした。ところがことごとくゴールの左・右・上と枠を外れ、ほとんど相手のフィールド内で試合が展開しましたが、結局0-0で前半が終了しました。

後半開始からしばらくはバリエンテの時間となり、攻められる場面もありましたが、中2のCBのO君、K君、SBのY君、T君がよく守りほとんど危ない場面のないまま流れがJSCに戻ってきました。守備では特にO君の足の速さが目立ちました。守備陣はここ2試合で1失点と守りが堅くなってきました。

そして後半20分、ついにその時がやってきました。中2のT君からのパスを中2のFWのO君がワンタッチしてペナルティエリアに入り、キーパーの逆をついて落ち着いてシュート!!ゴ~~ル!!! となりました。観客席で見ていた父兄サポーター達も、その瞬間思わず総立ちとなり声援をおくっていました。

そして試合終了のホイッスル。選手達は飛び上がったり、お互いハイタッチしたり、抱きあったりしながら笑顔で喜びを表現していました。このチームの絆や自信が確実にワンランクアップした瞬間だと思います。また途中交代を含め4名の中1の選手も活躍しました。

今年からU-14の試合は、年間の内の9ヶ月を3ヶ月毎に分け、1次・2次・3次リーグと続く過酷なスケジュールとなっています。さっそく11月中旬からは3次リーグが始まります。JSCのU-14は現在上り調子ですので、今後も皆で応援していきましょう。また夜遅くまで観戦していただいた多くの皆様ありがとうございました。

| | コメント (0)

ジュニア4年生第5戦

本日11月3日のジュニア4年生第5戦vs.FCギャルソンは
正に激闘でした。

前半は立ち上がりからボールを支配し、キープや突破、つなぎで
相手のゴールに迫り、何度も先制のチャンスを得る圧倒的な内容。
浦安JSCらしく、ボールがサメの様にゴールに向う素晴らしい
出来でした。特に落ち着いて相手をかわす所に進歩を感じました。
残念ながら、先制することはできませんでしたが、今までの中で
最高のサッカーで、サポーターの期待も高まり、0-0で後半へ。

後半は相手の動きも良くなり、GKと1対1の局面から決められ、
結局2失点しましたが、応援に後押しされ、最後まであきらめず、
残り少ない時間に個人の突破力を活かして見事1点を返しました!
その後も試合終了間際まであわや同点のチャンスも作りましたが、
非常に惜しくも、結果的には1-2で敗れました・・・

大人としては長い目で成長を見守りたいですが、子供は口惜しい
でしょう。しかし、たとえ試合に勝利する結果は出ていなくても、
確実に成長の結果は出ています。近い将来にはもっと素晴らしい
成果が必ず得られる筈です。

                           以上

| | コメント (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »