« 市長表敬訪問 | トップページ | オータムフェスタ »

ユースKCYリーグ(関東クラブユース)

先週10月21日(日)に、神奈川県の寒川高校で行われた2次予選リーグの第3節vsヴェルディ相模原戦を終えたところで、2次予選リーグを勝ち上がりベスト8に残ったユースチーム。

一週間後の今日は、茨城県の波崎にある矢田部サッカー場にて、決勝トーナメントの一回戦に臨みました。

相手は強豪の三菱養和という東京のチーム。

台風の接近に伴う冷たい雨の中で戦わなければならない試合でした。
それでも選手たちは気合い充分で、降りしきる雨のピッチへと向かって行きました!

厳しい戦いになるのは必至でしたが、やはり前半から自陣で養和にボールを回され、守ることを余儀なくされる場面が多かったように思います。

ヴェルディ戦の時は、序盤にDF陣の意気込みが空回りしての失点がありましたが、今日のDF陣はその意気込みが良い方向に向いていたのか、みんなよく守っていました。

養和のセットプレーからのボールをクリアしきれず先制されてしまいましたが、前半はその1点に留めることができました。

後半が始まっても雨は止むことなく更に強まり、人工芝のグラウンドにも水たまりができるような始末。

厳しい戦いが続く中、選手たちはクリアしたり競り合ったりするのが精一杯で、うまく自分のボールにしてから攻撃に転じることがなかなかできませんでした。
パスを出しても、地を転がすようなボールでは、水たまりに邪魔されて止まってしまい、相手に奪われてしまっていました。

奪われたのはボールだけでなく体力もでした。
この季節の冷たく強い雨は、思いのほか選手たちの体力と気力を奪ってしまうものなのだと痛感しました。

それでも選手たちは頑張りました!

結果は0−6で負けてしまいましたが、GKの亀岡選手(高1)のファインセーブもありましたし、DFの磯貝選手(高2)・岩崎選手(高2)・青山選手(高2)は声を掛け合い守りました。
MFの富塚選手(中3)・吉田選手(高2)・長田選手(高2)も攻撃に守りにと走り回りました。
FWの斎藤選手(高1)も敵の選手を背負いながら、最後までゴールを狙っていました。
ベンチに控えていた選手たちも、交替でいつ呼ばれても出ていけるように体を動かしていました。

そして何よりも、この大会がユースとしてのサッカーの一区切りとなる高3の尾形選手・高木選手・松井選手・中間選手・藤井選手は、誰のためでもない自分たちのために、最後まで一生懸命に声を出しボールを追い戦っていたと思います。

一回戦敗退で不本意ではあったかもしれませんが、私が6年近く(長い選手は12年近く)も観てきたこの高3の選手たちの成長ぶりには、一言では言い表せないものがあります。

どちらかと言えば、のんびりマイペース型が多かった選手たち。
逞しくなってくれました!

ありがとう!お疲れ様!!

高3の選手が抜けても、まだまだこれから戦いのある高1・高2の選手たちは、また練習を重ねて頑張ってください!

Kcy2007

|

« 市長表敬訪問 | トップページ | オータムフェスタ »

コメント

選手たちご苦労様でした。
関東ユースでベスト8はすばらしい成績です。相手は超強豪の三菱養和(大宮アルディージャユースやジェフ千葉ユースにも今年勝っているチーム)台風の中でよく頑張ったと思います。また今回の大会には中三2名、中二3名も前日合宿から参加して経験を積みました。練馬からは小学生が手伝いにやはり前日合宿から参加しました。JSCの立てのつながりを感じます。繰り返しになりますがユースチームの関東ベスト8 お疲れ様でした。

投稿: サポーターX | 2007年10月28日 (日) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市長表敬訪問 | トップページ | オータムフェスタ »