« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

U-15高円宮杯予選 ブロック予選敗退

              Jsc105             

先週の雷雨とはうって変わって真夏並みの太陽の下ブロック予選2戦目が6/16に高谷中学のグランドで行われました。   

相手は昨年の中学新人体育大会で県大会出場のメンバー擁する強豪の妙典中学。結果はJSCが1-4で敗退しました。

試合前から厳しい攻防が予想されましたが、やはり激しい中盤でのボールの奪い合いとなりました。試合が動いたのは前半10分相手がゴール前に持ち込んでゴール。その数分後相手のミドルシュートがこぼれたところを蹴りこまれて2点目が入り0-2のまま前半が終了。

勝つには3点取るしかないJSCは攻撃的な布陣に組み替えて後半開始。

開始10分にM君が見事なミドルシュートを決め、1-2となりました。

しかし15分20分と妙典がサイドからの攻撃で2点を追加し1-4となり、その後両チーム選手交代を行いながら試合終了。

試合内容は点差ほどの差はなかったように思えましたが、相手がチャンスを確実に点に結び付けていました。

JSCは敗者復活戦で巻き返しをはかります。本日も沢山の父兄の方が暑い中応援に来てくれました。選手たちも強い日差しの中お疲れ様でした。

      

| | コメント (0) | トラックバック (1)

U-15高円宮杯予選 初戦快勝

Jsc104

6/10 千葉県ユース(U-15)サッカー選手権(高円宮杯予選)が始まりました。試合前から雷雨と豪雨・・・ 前の試合も中断し、中止?? という天候の中で試合はスタートしました。

対戦相手は東国分中学校、結果は JSCが 6-1と快勝しました。

ドシャ降りの雨とプールのようなグランドの中で試合は始まり、JSCのパスサッカーに不利では・・・という不安も全くの取り越し苦労でした。JSCは中3、5名、中2、6名というメンバーでのぞみ、開始早々からボールを支配し、10分前後で中2のS君が先制のゴール!!

その後相手のフリーキックで 1-1となりました。(このフリーキックが凄かった!!ハーフラインややJSCよりの位置からの遠距離を矢のような一直線のシュート。敵ながらあっぱれのすばらしいシュートでした。)

その後PKを得て、T君が落ち着いて決め2-0で前半終了。

後半はドシャ降りの中でも、JSCの『持つ技術』と『つなぐ技術』が相手を圧倒しシュート、PK、コーナーキックにあわせてシュート、シュートとゴールラッシュとなりました。

雷雨の中 戦い抜いた選手の皆さんお疲れ様でした。またドシャ降りの中たくさんの父兄の皆さんが応援に来てくれました。(麻生元コーチもいつもお手伝いに来てくれてありがとうございます。)

次戦は16日12:00から妙典中と対戦です。場所は高谷中学グランド(勝てば17日は13:00から、まだ相手未定で場所は東国分中学グランドです)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-14 新人戦第三戦

6/2にU-14新人戦の第三戦が八幡サッカー場で行われました。

相手は昨年1部リーグ在籍のカラクテル。

結果はJSCが1-0で勝利しました。

前半からJSCはよくボールが回り、ほとんどボールを支配していました。

前半の終盤は疲れが出て相手に攻められる場面もありましたが、バックスがよく守って

0-0で終了。

後半にH君がドルブルで抜いてゴール前に迫り、こぼれたボールをT君がキープして

ゴール左へシュート!! これが決勝点となりました。

中2の今年最高のゲームだったと思います。コーチからも試合後『今日はすばらしいの

一言、これがJSCの目指すサッカーだ』という言葉が選手に贈られていました。

中1の選手も4名が試合の中でプレーしました。

体も技術もどんどん成長する選手の次戦以降も楽しみです。

*6/10はU-15(中3)の高円宮杯の初戦が高谷中学のグランドで

 12:00KICK OFFです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親父サッカー善戦?

JSC保護者が中心となって、通称「親父チーム」結成!(格好いいチーム名募集します)

その最初の戦いの場として浦安市1部リーグ春季大会に登録をしました。対戦相手の抽選会の際に不吉な予感がしたのですが、見事的中!こちらは40代中心の親父ばかりに対して、対戦相手の3チームはほぼ20代。試合前から若々しく頼もしい肉体に圧倒されてしまった。

しかし我が親父チームは善戦(?)した。一人の怪我人も出さずに3週間続いたこのリーグを乗り切ったのだ。試合結果は...

第1戦:0-15、第2戦:0-6、第3戦:0-8で全て惨敗。

若い選手に翻弄されて防戦一方。しかしたまにコーチに指導されているJSCらしい「つなぎ」を発揮することもできた。終わってみると本当に爽やかな気分で、もちろん打ち上げのビールが旨かったこと。

対戦相手に申し上げたい。自分の親父と同じような年齢の相手に本気にならないように。1点ぐらい入れさせてくれ。

ところで思わぬ収穫も。2戦目と3戦目の相手選手達と運営本部で話ができた。なんと何の関係もないその2チームの選手の中にはJSC出身者がずらり。「小中学生の頃にJSCで鍛えられたんです。」という言葉にうっとりしたのは私だけではないだろう。

確かに2戦目の相手はJSC秘伝のたれ、と言われているつなぐサッカーが中心で、メンバーもほぼ全員中学時代はJSCだったとか。今JSCを支えているNコーチの同期だと言うのだ。

試合結果はごらんの通りだったけど、「負けて当然」と非常にわかりやすく納得できるストーリーで我々はン時間も打ち上げで盛り上がったのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »