« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U14開幕戦

5月13日、ジュニアユースのU14(中2以下)の開幕戦が稲浜中でありました。対戦相手はヴィヴァイオ05です。

結果:3-2で浦安JSCの勝利でした。

立ち上がりはヴィヴァイオペースで試合が進み、ほぼJSC陣営でボールが回されていました。しかし組織的にしっかりとしていため、シュートまで持ち込まれることはほとんどなく、見ていて安心していられる内容でした。相手チームが気分的に押し気味だったのでしょう、いったんボールを奪ってすばやく前線に回すとフォワードO君がきれいにキーパーの頭上を越すシュートで先制です。その後サイド攻撃で崩され1点を取られました。

後半も相手チームの攻めに対して一歩も引かず、ボールを素早くつなぐサッカーでなんどか惜しいシュートがありました。中1のH君が抜け出して2点目をゲット。ジュニアユース初出場で殊勲の1点です。ブレイクで斉藤コーチからの指示があったとのことですが、キーパーが前に出ているので、ディフェンスからボールをスペースに送り、ループシュートしてみろ、とのことだったらしいです。右バックスのT君がボールを奪ってすかさず左につめていたS君にフィード。S君は落ち着いてループシュートを決め3点目が入りました。

残り2分のところでキーパー前の混戦で1点を奪われましたが、ロスタイムを含めて最後の10分はお互いに猛攻で、試合自体はとても見ていて興奮できるものでした。ヴィヴァイオさんもボールさばきがうまく、お互いに昨年度から成長を確認できた試合ではなかったでしょうか。

なおJSCは途中投入も含めて中1の選手が3名フィールドにデビューしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユースの大会

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会  関東大会

http://www.kanto-cy.com/

5月6日に舞浜グランドにて「ヴェルディ相模原」と対戦をしました。

Jsc102

写真は前半の得点シーンです。フリーキックから見事なヘディング。しかしその後風にあおられたボールが自陣内に転がり込み、ちょっとしたミスもあり2点を献上してしまいました。後半はそれぞれ1点ずつを加えて結局2-3で負けてしまいました。

でも明るいニュースもあります。中学3年生のT君は先発出場。ボランチながらボールさばきは相手の高校生選手を惑わす動きを見せていました。彼は相手チームからは嫌な選手だったでしょう。また中学2年のI君も後半から出場。動きにとまどいと固さがありましたががんばっていました。

コンディションのいい選手は上位のクラスの選手権に出ることができる。これが浦安JSCの特徴であり、成長できる機会を提供する強みです。

昨年はジュニアユースの1年生大会(ナイキカップU13)で小学生の選手が3名参加しました。それぞれの世代に選手が少ないわけではありません。下の選手でも力があれば出場出来る、そしてそれぞれが切磋琢磨する。それがJSCです。

より高いフィールドを求めるサッカー少年達の参加を待っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »