4年生浦安トーナメント 準決勝進出


 

1014日(月)に『第28回浦安市少年少女サッカートーナメント大会』準々決勝が日の出南小学校にて、1000分キックオフで開催されました。

この日は天候にも恵まれ多くのお父さん、お母さん、兄弟が応援に来てくれました。

この学年のスタッフはトップチームの中心選手として活躍している、清水康也、富塚隼選手の両選手が監督、ヘッドコーチとなり普段からトレーニングを行っています。トレーニング中は厳しいながらも、選手、チームが成長するために情熱のこもった指導をする二人です。

チームの特徴としては諦めないで最後まで力を出し切る、一生懸命練習する事です。

 

この日の対戦相手は舞浜ファルコンズBチーム。日頃から練習試合を通じて交流させてもらっているチームです。

前半に田中翼選手がゴール前の混戦からシュートを打ち先制点。その後田中選手がペナルテイーエリア内でファールを受けペナルテイーキックを自分で決め追加点。前半を2点のリードで折り返すことができました。

後半は更に強気に攻め込みゴール前の混戦から3点を奪い、5-0で勝利することができました。

技術的な課題が多く見られましたが、選手の気持ちがフィールド内に現われていた良い試合でした。

 

準決勝のスケジュールは

1020日(日)

明海小学校

1300分キックオフ

VS 新浦安グランノバ

 

過去3年間の浦安トーナメントは全て3位でした。

今年こそは、準決勝で勝利し決勝戦進出をチーム全員の力でつかみ取りたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

5年生 県大会出場決定

1ブロック(市川・浦安)代表5年生大会が105日・14日の2日間にわたり浦安運動公園サッカー場にて開催されました。1ブロックからは5チームが県大会へ出場することができます。

4年生の時も1ブロック大会が開催されましたが、惜しくも準決勝戦で0-0からPK戦で敗れ、県大会出場を逃し、チーム全体が悔しい思いをした記憶が蘇ってきます。

1年間、得点へのこだわりを持って試合とトレーニングに望み、全試合で得点を決め県大会出場を決めたことは大きな成果だと感じています。

今回の大会では会場主管を行う事となり多くの父母の力を借り、大会運営を行いました。

特に初日の会場は前日からの雨によりグラウンド1面水たまりでしたが、父母の協力により水たまりが無い状態で出来たことは、感謝の言葉しかありません。

ありがとうございました。

 

105日(土) 1回戦 VS北浜SSS ○9-0

 

試合開始直後からゴールへ向かい、菅原選手からの左のクラスを上杉選手がヘデイングで決め先制点をとれた事が、この後の大量得点に繋がりました。

 

1014日(月) 準決勝 VS南行徳JFCB ○1-0

 

大畑選手が前半5分にペナルテイーエリア内でトラップから相手をかわしシュート。その後チャンスをつかみながらも1点しか奪えず決定力に課題あり。

 

1014日(月) 決勝戦 VS新浜FC ○2-0

 

前半戦は相手チームの出足の良さに対応できず、DFラインの裏を突かれGK11の場面を作られるなど押し込まれる時間帯が多く、ハラハラする場面が多かったです。JSCは時折カウンターからチャンスメイクをしていましたが、お互い得点できず同点で前半終了。

後半戦は逆にJSCが押込む展開で開始。後半3分に大武選手のクロスがペナルテイーエリア内で相手選手のハンドを誘いペナルテイーキックが与えられ、清水選手が冷静に決め先制。その後お互いにチャンスがありながらも得点ならず、残り2分桑山選手がスルーパスをもらい左足でシュートを決め追加点を決めたことにより試合を決めることができました。

 

他会場の1ブロック予選では、普段からトレーニングマッチなど交流をさせてもらっている明海FCさんも県大会出場を決め、浦安からの県大会出場は2チームとなりました。

浦安を代表して県大会で力を発揮し出来るよう頑張ります。

これからも応援よろしくお願いします。

| | コメント (0)

6年生浦安トーナメント 決勝進出

10月14日(月) 浦安トーナメント準決勝 ○5-0 FC浦安

10月14日(月)に『第28回浦安市少年少女サッカートーナメント大会』準決勝が明海球技場にて、16時00分キックオフで開催されました。対戦相手はFC浦安さんです。

前日にCTC杯、前々日に学校大会が行われ過密日程の中、決勝戦進出できたことはチーム力が上がってきている事が伺えます。

試合はキックオフ直後、左サイドからの攻撃でゴール前にクロスを上げ味方選手に当たりコ
ースが変わったところに、山本選手が走りこみ1分で先制点を奪えました。

この1点でチームに余裕が生まれ攻守ともにリズムよく試合を進めることが出来ました。

その後追加点を奪い前半戦を4-0で折り返し、後半戦は更に1点を追加し合計5-0で勝利し決勝戦進出を決めました。

この試合では前日の県大会で出場機会の無かった3選手が先発し、素晴らしいプレーをしてくれました。このことは今後チームにとって大きなプラスになることを感じさせてくれました。

決勝戦の日程は10月26日(土)

明海球技場

14時00分キックオフ

VS高洲ホッパーズ

昨年は決勝戦で敗れ、優勝まであと1歩でした。今年こそは浦安で1番のタイトルを選手、ス
ッタフ一体となりつかみ取りたいと思います。

父母の皆様にはいつも温かい応援をいただき感謝しています。
決勝戦も応援お願いします。

| | コメント (0)

6年生 CTC杯 3/4回戦

10月13日に『第36回JAバンクカップ・チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー選手権大

会』3/4回戦が、市川市国府台スポーツセンターで開催されました。

この日の会場は人口芝、天候にも恵まれサッカーをするには最高の環境でした。

10月13日(日) CTC杯 3回戦 レッドグランパス茂原FC ○3-0

立ち上がりに不安定なプレーが見られ、相手攻撃陣にDFラインを突破され最初のピンチを向かえますが、ゴール前で身体を張り失点するまでにはなりませんでした。

その後も不安定なプレーが続きますが、前半終了間際に川野選手のミドルシュートが入り、前半1点リードで折り返せた事が、後半リズムを取り戻す大きな要因となりました。

後半から出場した横山選手がリズムの生まれた攻撃の中、相手デイフェンス裏でボールを受
け、冷静にゴールへ流し込み追加点を奪う事に成功し。更に追加点を奪い3回を戦突破することができました。

10月13日(日) CTC杯 4回戦 新浜FC ○2-0

4回戦の相手はいつも多学年にわたり交流をさせてもらっている新浜FCさんです。チーム
の軸となる選手が各ポジションに配置され、気持ちの入った粘り強いサッカーをする、対
戦相手としては嫌なチームです。

予想通り立ち上がりは相手の勢いの前に押し込まれる展開で開始されました。最後シュートを打たれる場面では身体を寄せフリーに打たせなかったことが、失点に繋がらなかった大きな要因となりました。前半は得点チャンスも無いまま終了。後半戦シュートを打つことを意識し、シュートのこぼれ球を廣渡選手がミドルシュートで先制。終了間際に川野選手のフリーキックから追加点を奪い5回戦進出を決めました。

最後まで粘りのある手強いチームでした。

5回戦の相手は柏レイソルA.A.TOR’82。1学期に行われた全日本少年サッカー大会で優勝し
全国大会に出場したチームです。選手も楽しみにしてきたチームとの対戦です。力を出しきり、結果を楽しみたいと思います。応援よろしくお願いします。

9時00分キックオフ VS柏レイソルA.A.TOR’82

13時00分キックオフ VS対戦相手未定

| | コメント (0)

6年生 CTC杯2回戦

36JAバンクカップ・チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー選手権大会(CTC杯)が、929日に浦安市明海球技場で開幕しました。
今回、浦安ジュニアサッカークラブは会場主管を行い、多くのお父さん、お母さんが朝から各係毎に分かれ、会場の運営を行ってくれました。
一日ありがとうございました。
そのおかげで、選手達は地元の慣れ親しんだ会場で試合を行うことが出来ました。

チームは2回戦からの登場となります。
対戦相手は1回戦を70で勝ち上がってきた、JSC CHIBAです。
全日本少年サッカー大会ではPK戦で敗れた相手との再戦となり、選手もコーチもモチベーション高く試合に挑みました。
試合は前半4分に川野選手からのコーナーキックを笹川選手がヘディングで直接決め、先制点を奪うことに成功しました。
10
分までに決定的なチャンスを2度向かえながら、相手チームの粘り強いデイフェンスもあり、なかなか追加点を奪えませんでした。これは、試合が苦しい展開になることを予感させました。
後半は相手選手の巧みなドリブルを中心とする攻撃に対応する時間が長く続く中、ペナルティーエリアの中でファールを犯しペナルティーキックを相手チームに与えてしまいました。
同点になることも覚悟しましたがシュートはポストに当たり得点となりませんでした。
その直後、右サイドを廣渡選手と笹川選手の2人が突破し、廣渡選手がサイドネットにゴールを決め、2点のリードで残り5分を向かえました。
残り2分でゴール前でのフリーキックから直接ゴールを決められ、21
最後は選手が身体をはったデイフェンスで頑張り、試合終了!

前回大会で負けた相手に対して選手が一体感を持って試合に望み、集中を切らさなかったことはチームの成長を感じられる瞬間でもあり、前回大会で悔しい思いをした選手たちが、この試合で大活躍出来たことは、各選手の成長も感じ取れる試合でした。

 

次回の大会スケジュールは

 

1013日(日)

市川市国府台スポーツセンター

3回戦 1200分キックオフ

勝てば・・・

4回戦 1400分キックオフ

 

| | コメント (0)

6年生「第32回松木杯」優勝!

8月24日・31日・9月1日の3日間、伝統ある『第32回松木杯』に参加し、優勝することが出来ました。

Jsc2013006

予選リーグ 3勝1分 1位通過

△    1-1アレグリシモカイFCA

○     4-1市川KIFC

○     6-0妙典キッカーズB

○     1-0稲荷木少年SC

 

決勝トーナメント

準々決勝 ○3-0 柏井SC

準決勝  ○4-0 曽谷SC

決勝   ○4-0 塩浜SC

Jsc2013007

この大会には約1年前に開催された、5年生浦安トーナメントで準優勝したことにより出場権を獲得することが出来ました。

チームは夏休みの目標を『松木杯優勝』に設定し、トレーニング、キャンプ、トレーニングマッチと積極的に取り組み、暑さ対策が出来たことが、炎天下の試合に対応できた大きな部分だったと思います。

大会初日は涼しさのある中での大会でしたが、予選リーグ2日目、決勝トーナメントの2日間はうだるような暑さの中での大会となり、選手の健康を心配する場面もありました。

しかしながら、その中でも極端に運動量が落ちることなくプレー出来たことは、暑さ対策に真剣に取り組んだ選手の力だと感じています。

 

また3日間の中では多くの課題も出てきました。

選手と課題に対してしっかり取り組み、次のステップに繋げていきたいです。

 

本日も炎天下の中多くの保護者の方が観戦に来てくれました。

応援ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0)

6年生鴨川カップ優勝

03

7月14日に鴨川市陸上競技場にて開催された『第6回鴨川カップ争奪少年少女サッカー大会2013 鴨川FC創立30周年記念大会』に、鴨川FCさんより招待され参加しました。
鴨川FCさんは、昨年の夏に東関東少年サッカー大会、関東社会人2部リーグ、今年の全日本少年サッカー大会と、大変お世話になっているチームです。いつも素晴らしいグラウンドを提供していただきありがとうございます。
今回は20名の6年生選手が参加し、みんなで力を合わせて優勝することが出来ました。
早朝に集合、炎天下の中、5試合戦い、勝ちきれたことはチームにとって大きな自信となりました。

予選リーグ
○9-1FC DESEO
○1-0 大和田SSC
準決勝
○2-1 北条FC
準決勝
○4-1 中志津SC
決勝戦
○2-0 東習志野FC

途中、集中力がきれかかった事もありましたが、自力で立ち直れたことは今日の一番の収穫となりました。
特に準々決勝の北条FC戦では、センターバックの関口選手が高い集中力で守り、コーナーキックから頭で合わせて決勝点を決めました。
これが優勝への大切なポイントとなりました。
夏休みに入ると、練習試合・招待大会と続きます。
きっと、今日の成長が次の戦いに繋がることと期待しています。
暑い中、多くのご家族の方が応援に来てくれました。これもまた選手に大きな力になった事でしょう。

Jsc2013004


| | コメント (0)

U-12全日本少年サッカー大会3/4回戦

週間予報では高い確率での雨予報で天候を気にしていましたが、当日はまった
く雨が降らず試合を行うことができてよかったです。その代わりに会場が河川
敷ということもあり朝から強風が吹いいました。


VSカナリーニョFC U-12

前半は風下に立ちキックオフです。押し込みながら試合を進めコーナーキックを獲得。川野選手からのコーナーキックを笹川選手が頭であわせ専制。その後相手チームに決定機を作られるもシュートが枠を外れ前半を1-0で折り返し後半の立ち上がりに相手からボールを奪いクロス、こぼれたボールを後半から出場の渡邊選手が蹴りこみ追加点を奪うことが出来ました。

試合の終盤には相手選手のハンドからペナルテイーキックを獲得、川野選手が落ち着いて決め、試合展開を楽にすることが出来ました。

油断からではないのですが3点目を決めた直後に、ミドルシュートを決められ完封することは出来ませんでした。

カナリーニョさんには力強くドリブルでゴールへ向かう選手が中央に二人いて、試合を通じて対応するのが大変でした。ほかの選手もキープ力があり特徴的なプレーをする選手が多くいました。

Jsc201301



VS幕張リバテイ-ズ レアル


立ち上がりに中央から右へ展開し、右サイドの廣渡選手からFW竹内選手への縦パス。その後相手DFを抜きGKと1対1、ファーストチャンスを冷静に決め先制することが出来ました。早い時間帯でのファーストチャンスを決めたことが

その後の大量点へと繋がりました。
この試合では特定の選手ではなく多くの選手が得点シーンに絡み、そして得点することが出来ました。選手が成長していることを感じ取れるシーンでもあり本日も遠方にも関わらず多くの方に応援に来ていただきました。
ありがとうございます。

時間の対戦は以下スケジュールで行われます。

来週も応援お願いします。


6月9日(日)

千葉市院内小学校
10時30分キックオフ

13時30分キックオフ


VS明海FCA と JSC CHIBAの勝者

| | コメント (0)

U-12全日本少年サッカー大会1/2回戦

前日の雨が嘘だったかのような晴天のもと、全日本少年サッカー大会が鴨川市陸上競技場にて行われました。ピッチは最高の天然芝。朝から会場を準備していただいた、鴨川FCの関係者の皆様には感謝申し上げます。

浦安ジュニアサッカークラブの1回戦は9時50分キックオフ。対戦相手は野田市の清水台FC。立ち上がり直後に右サイドからチャンスを作り、決定機を向かえましたが得点することが出来ませんでした。その後も相手コートに押し込みながらの試合展開が続いた前半5分にフォワード横山選手の中央からのシュートで先制点を奪うことに成功しました。

Jsc2013001


その後も押し込み、追加点を奪い前半戦を5点のリードで折り返します。
前半で横山選手はハットトリックを達成しています。後半戦からはメンバーを交替しながら試合を進め、決定機を作るも得点をあげることは出来ず試合終了。
初戦を5-0で勝利。

Jsc2013002


続く2回戦は12時20分キックオフ。対戦相手は千葉市のこてはし台SCレッド。気温が上昇し、この時期まだ暑さに慣れていない身体にはこたえる温度になってきました。

2試合目も押し込む展開で序盤戦を迎えたなか、川野選手が戦先制点、追加点を奪い試合を有利に進めることが出来ました。
後半には途中交代した稲葉選手がゴールキーパーのこぼしたボールを押し込み、試合5-0で勝利。2回戦を突破することが出来ました。

今日は遠方での試合にもかかわらず多くの家族が鴨川まで応援に来てくれました。
選手を暖かく見守りよいプレーをしたときにはたくさんの拍手をしてくれる、心強い応援が選手と本日の勝利を後押ししてくれました。

Jsc2013003

次回の試合は6月2日(日)です。3週間選手と共によい準備をして試合に臨みたいと思います。
引き続き、応援よろしくお願いします。

| | コメント (0)

6年生優勝の瞬間

先日の浦安トーナメントでの6年生がPK戦を決めた一瞬の写真です。
嬉しさが弾けていますね!

Jsc2012148

Jsc2012149

Jsc2012150

| | コメント (0)

«体験練習実施中